上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
7月15日 AM 10:35
台風で出発するかどうかさえ危ぶまれたが、
ほぼ定刻どおり、無事に飛行機に乗ることができた。

しかし、雲はかなり暗い
飛んでくれる


同日出発予定だったAM 9:55発のJALは欠航になっている。
離陸のときには、感謝で少し涙がにじむ。

しかし、離陸してしまえば、全く揺れはなくおだやかだった。

行きの飛行機


現地時間12時前、杭州蕭山(ハンジョウシャオシャン)国際空港に到着。

上海と異なり小さな空港なので、あっという間に入国審査も終わり、バゲージクレームに着くと、既に自分の荷物がぐるぐる回っていた。


外に出ると、私の名前の書いたプレートを持った青年がすぐに見つかった。

「台風大変だったね~。」

ややなまり気味の日本語ではにかみながら挨拶してくれるこの青年が、今回の旅の「ガイド君」。
ニコニコしながら送迎の車まで案内してくれる青年は、年のころは23歳くらい。素直で人のよさそうないい子だ。

ふと、上海一人旅でのガイド君を思い出した。
彼には最初からうさん臭さが漂っていたが、今回のガイド君にはそれが全く感じられない。

すばらしい。

(上海のガイド君との悲惨な話は「上海一人旅5」あたりからご覧ください)


このホテル送迎つきフリープランのツアー、実は参加者は私一人だった。

今回もガイド君独り占めという素敵な旅の始まりに、私は機嫌よく迎えの車に向かった。

スポンサーサイト
2007.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/97-af2f6d1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。