上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
チベットに向けて、テンションが上がりつつあるこの頃。

チベットといえばお決まりの映画、ブラッド・ピット主演の「セブンイヤーズ イン チベット」を見た。

1997年に映画館で上映されていたのだが、見には行かなかった。
なんか、タイトルからして

地味

ではないか。
当時は見に行く気がしなかった。

しかし今回の旅には欠かせない!
チベットに行く前の予習として、美しい建物・風景を見ておこう。

と思い探してみたが、かなり前の映画になるため、近所の大手レンタルショップをくまなく探したものの見つけることができなかった。

しかし、勢いづいているため、その勢いでネットショップにてDVDを購入。



空き時間を見つけて一気に見終えた。

まず、DVDのパッケージを見て驚いたのが、
チベットでの撮影許可が出なかったため、ほとんど中国で撮影されていない」
という事実。

えーっ、チベットの映像なし??

たぶん、映画ファンの間では常識の話なんだろうけど、疎かった私は驚いた。
密かにチベットに撮影隊が入って撮った映像が20分ほどあるらしいが、ポタラ宮やラサの街並みはセットらしい・・・。

ほとんどがアルゼンチンで撮影されているそうだ。
しかし、ラサと同じような高地。
話のあらゆるところに出てくる山や空の映像は、本当にここが同じ地球なんだろうかと思うような美しさ!
こんな色の青があるのか、と驚く。


内容は、オーストリアの登山家ハインリヒ・ハラー(ブラッド・ピット)がチベットに流れ着き、少年期のダライ・ラマ14世と交流しながら人間的に成長していく物語。実際にあった話だが、原作とはかなり異なるらしい。

ダライ・ラマ役の少年が、素直でかわいくてたまらない。
ブラッド・ピットも若くていい。
もし、まだ見ていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ見てみてください。


チベットの映像が出てこない点で落胆したけれど、いろんなことがわかってきた。終盤には中国のチベット侵攻のシーンも出てきて、チベットと中国の微妙な関係が浮き彫りになっていた。
実際、この映画は中国で上映禁止になり、更に中国に入国できない俳優さんもいらっしゃるらしい。

政治的な話の場合は特に、たったひとつの映画の内容を鵜呑みにしてはいけないとは思うが、今までなんとなくしか知らなかったことなので、これをきっかけにちょっぴり勉強してみようかな、と思った。


とかいいつつ、現地に着いたら
「ヒャッホー」
とか言いつつ、写真撮りまくってるだけかもしれんが。
スポンサーサイト
2007.07.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/93-2d8fa5fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。