上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4年前の夏休み、私は母と共にバンコクを訪れた。
あのときは、前年に長期の一人旅をこなしたことによる妙な自信より、「航空券とホテルのみ」の完全フリープランをわざわざ追加料金を払って選んでいた。

しかしその分、ガイドブックはかなり熟読しており、タイにはぼったくり、スリ、詐欺などの類が非常に多いことを理解し、かなり警戒していた。

いや、警戒していたハズだった。

バンコク観光初日、ホテルからタクシーに乗ったが、運転手がメーターを倒すかどうかにも目を光らせていた。
はっきりいって、かなり緊張していた。


しかし、観光名所である王宮やワット・ポーなど素晴らしいところをめぐるうちに、緊張感は少しずつ解けていった。

王宮周辺の施設を観光し終わり、私と母は徒歩で国立博物館に向かおうと歩道を歩いていた。

歩道沿いにはトゥクトゥクと呼ばれるオート三輪車が観光客を乗せようと待っている。

ふと、一人の運転手が私たちに声をかけてきた。

「どこへ行くの?
国立博物館は今日は休館日だよ。」

えーっ、今日はあいてると思ったのに。私と母は顔を見合わせてがっかり。

「どこへ行きたいの?行きたい場所を教えてくれたら回ってあげるよ。」

博物館の休みを教えてくれた上に、さらにトゥクトゥクで観光をしてくれるという。
私はガイドブックの地図で、行きたい場所にマルをつけて頼んだ。

「オッケー」

と引き受ける運転手。

私たちは何の疑いもなく乗り込んだ。


最初に着いたのは、なんだかほとんど観光客のいない寂れた寺。

なんだかおかしい。

ここはどこかと聞くと、

「ここはとても神聖な寺。あの仏像は
ラッキーブッダ
だよ。」

指差した先には、確かに大きいけれどなんだかやたらと金ピカな仏像がある。地図で探したが、そんな寺は載っていない。
でも、地元民風の親子がそのラッキーブッダにお参りしにきていたので、

「地元の人のみが知ってる穴場の寺なんだな」

と自分に言い訳する。

だいたい自分に言い訳が必要になってきた時点で、自分の中の潜在的な「アヤシイぞアンテナ」が反応しているはずなのに。

その後、そこのお坊さんの社務所のようなところに案内された。お坊さんは私たちにお茶を出してくれた。涼しくて快適だった。
ここで雑談。日本からきたことなどいろいろ話がはずんだ。
お坊さんは、日本人に知り合いがいる、と言っていたため、更に話ははずんだ。
お坊さんはおだやかな顔で、私たちの旅が素晴らしいものになればいいね、と言ってくれた。

その後、再び乗り込み、トゥクトゥクは走り出す。

次はどこに行くのか聞くと、

「今日は1年で1度の宝石の大バーゲンだ。その店に連れて行ってあげる。」

鈍感な私もさすがに「これはマズイ」と気づき始めた。
私たちには時間がないからそんなところへは行かない、と言うが、運転手は無視。私たちも飛び降りる訳にはいかず、連れて行かれるがまま。

ついに、宝石店の前までやってきた。

ようやく停車したトゥクトゥクから降り、

「帰る!!」

というと、運転手は、

「こんなお得な日なのに、どうして帰るんだ!」

と困った顔をする。

しかし、さすがにここまでアヤシイところに入る訳にはいかず、最初に交渉したお金を投げつけて、母を引っ張り駆け足でその場を逃げ出した。

追ってはこなかった。

駆け出したはいいが、ここがどこだかわからない。
だまされたことに対して、腹が立つやら情けないやら。涙がにじんできた。
しばらくウロウロ歩き回ったが、結局途中でタクシーを拾い、知った駅まで乗せてもらった。


ホテルに帰ってからよくよくガイドブックを読むと、今回のエピソードはまさに教科書どおりのストーリーだった。
もう、かなり有名なエピソード。
宝石以外に、高級仕立てスーツなどのバージョンもあるようだ。

あんなにガイドブックで被害事例を勉強していったのに、どうして同じように引っかかってしまうのか。

きっと、中途半端にしか体験がないにも関わらず
「自分は独りで旅ができるんだ」
という、根拠のない強がりが原因のひとつだったと思う。

こういう強がりは実は不安の裏返しであり、ああやって親切に声をかけられると、ホッとして気が緩んでしまうんだろう。
まさに向こうの思うツボ。
まあ、特に何も被害はなかったし、今から思えばいい勉強になった。

あと、自分の第六感「何か変だ」を感じたら、それは結構当たっていることが多いようだ。その「何か変だ」に言い訳をし続けると、どんどん深みにはまってしまう。


海外旅行、実は慣れてきたときこそ危ないという。

これからもいろんなところに行きたいが、どこに行くにも気を引き締めて、初めて海外旅行に行ったときの緊張感を思い出してのぞもうと思う。


スポンサーサイト
2007.06.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/92-bd1e6ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。