上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
衛兵交替をささっと見たあと、すぐさまタクシーに乗り込み、
前日の全身マッサージのおばちゃんが勧めてくれた「迪化街(ディーファージエ)」へ。

迪化街入り口


たどり着くと、なんとなく漢方臭い香りが漂う。
本当に庶民の町であり、活気があって、こちらもワクワクしてくる。

庶民の町


1週間後に控えた旧正月のお祝い道具も売られていた。

庶民が集う


正月前のニュースなのか、テレビ取材が
お正月道具


歩いていると、両側の店から勧誘がかかる。
多くはお茶、杏仁豆腐で使われている粉、乾物、からすみなどを売る店であり、
なんとかなりの高確率で

「試食」

できる。
英語はあまり通じないが、向こうが観光客慣れしているため、フィーリングで解決する。

多くの試食を勧める呼び声に対して、私たちはすっかり舞い上がってしまった。

まず私たちは、最初に声をかけられたお茶屋さんで試飲。
なんか、干しぶどうみたいなドライフルーツが入った黒砂糖のでかい固まりを削って取り分けて、溶かして飲むようなものだったが・・・甘にがくてイマイチだったため、試飲のみで終了。

お口直しでまた違うお茶屋へ。ここではなぜか「冬虫夏草茶」を勧められ、これまた漢方臭くて苦くて更にお口はマズくなる。

その後、ドライフルーツの店に立ち寄る。
ここでは店先に出ているフルーツのほとんどを試食させてくれた。さすがに台湾。元々のフルーツが新鮮でおいしいだけって、ドライフルーツもかなりおいしい!
ドライフルーツをかなり大量に購入した。
買い方は非常に簡単で、袋を渡され、自分で心ゆくまで好きなものを好きなだけ入れる。値段ははかりにかけて決定。
日本円にして1000円以上お買い上げしてしまった。

友人は別の店でからすみを購入。

満足して通りを引き返す私たちは、ふとワインのようなものを売る店に遭遇した。
かわいい女の若い店員さん曰く、ブドウのお酒だという。そんなにアルコール度数は高くなかった。試飲すると、素朴な味でまあまあいける。

友人は1本購入。値段は忘れてしまったが、安くていいお土産に出会えたといって、喜んで帰って行った。


しかし、日本に帰ってから友人がよくよくボトルを見てみると、

賞味期限から既に1年が経過・・・。

恐る恐る栓を開け、ちょっぴり飲むと、あのときの素朴なブドウの香りはなく、沈澱物の多い変な飲み物に変身していたとのことだった。

たぶん、店員さんに悪気はないと思うが(?ないよね?)、こんながっかり体験もまた旅のエピソードとして思い出に残っていく。

スポンサーサイト
2007.05.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/89-c08c8330

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。