上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
台北2日目はまだまだ続く。

マッサージでリラックスした後、いよいよ夕食。

・・・でも、昼が遅かったせいか、疲れがたまってきたせいか、あまり食欲が出てこない。
でも、せっかくの台北最後の夜だし。

私たちがやってきたのは、永康街から徒歩で行けるところにある「台北新故郷文化食堂」。

レトロな雰囲気の入り口
台北新故郷文化食堂入口


日本アジア航空の機内でもらった(申し出ないともらえない)パンフレットの記載によると、60年ほど前に建てられたレンガの建物を利用しているらしい。
ここでは台湾の家庭料理が食べられる。
ここは1人200元(800円弱)と固定額で、店主のお任せ料理が並べられる。
店は家族連れや地元の団体客でにぎわっていた。日本人はたまたま誰もいなかった。

左端の黒板に「毎人200元」と書いてある クリックしたら拡大します
店内


まず、前菜と普通のご飯、スープが運ばれてきた。これらはおかわり自由らしい。ご飯は醤油がまぶしてあるのか、ところどころ茶色い(そんなに醤油の味はしなかったが)。

その後、お任せ料理が少しずつ並び始めた。
一応、2人ならおかずは3品らしい。
青菜の炒め物(ニンニク風味)、肉にピーナッツをまぶした揚げ物、魚(何の魚かわからず)の煮物が現れた。

左が青菜の炒め物、右がお肉
青菜と肉

右側が魚の煮物 奥は一応ご飯
肉と魚


肉・・・この肉には、私がアジア系香辛料で最も苦手とする
八角
が入っていた。

私は、どうしてもこれがダメである。
前回の台北旅行で食べた豚の角煮で使われていて、その時に既に苦手なことがわかっていた。
こればっかりは、食材そのものの味や香りを圧倒して自己主張してくる。
しかし、調べると、大好きな杏仁豆腐にも使われているようだけど・・・。料理だとダメみたい。
どうも日本人では、大好きな人と大嫌いな人に真っ二つにわかれるらしい。

苦手なものって、口に入れる前にすぐわかるもの。
よって、手をつけず。
友人はパクパク食べていた。

青菜の炒め物は食べられるんだけど、やっぱりお腹がすいてなくてお箸が進まない。
いや、おいしいんだけどねえ。

仕方ないので、周りの写真を撮り始めた。

壁には、なぜか「よい子の過ごし方」みたいな、小学校に飾ってありそうな絵が飾ってあった。

よい子の過ごし方


店内は結構落ち着いた雰囲気で、食事はゆっくり味わえる。
もっと体調万全で挑みたかった。

ちょっと悔いを残しつつ店を後にした。
スポンサーサイト
2007.04.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/86-7cf22d11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。