上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
行天宮を出ると、地下に降りる階段がある。
ちょっと薄暗く、一人だったら結構コワイだろう。

階段を降りきると、所狭しとズラーッと占いの店が軒を連ねていた。

めっちゃ狭い。
それぞれの店に「西1」とか「東3」とか名前がついており、どうもこの地下街の住所らしい。

意外と人はあまりおらず、どの店からも「占いどうですか~?」と手招きされるため、ビビって写真を撮るのを忘れてしまった。

友人とどの店に入るか相談していると、

「日本語で占いできるよ~。日本語OKな店は少ないし、OKといいつつできないところもあるから気をつけてね~」

と声が。

西8号の店「易笠命相館」の男性の占い師さんが、声をかけてきた。

特に決めていた店もないし、日本語も流暢なので、ここに決めた。


友人は「四柱推命」をしてもらうことに決めた。これで前後3年の運勢が占ってもらえるらしい。お値段は1500元くらい(5000円程度)だったかな?

自分の名前と生年月日、生まれた時間を紙に書き、手渡す。それを見ながら、占い師さんはピンクの紙に何やら書き始めた。

「今からあなたの占いを言います。たくさん話していくので、忘れないように紙に書いていってください」

ああ、自分で書くのね、と友人がペンを取った直後から、
占い師さんは息つく間もなくまくしたてはじめた。

「あなたの性格は・・・」

一気に話し始めた占い師さんに驚き、呆然としてペンを止めている友人に向かい、彼は

「早く書きなさい」

と一喝。

慌てて書き始める友人。
しかし、色々質問もでき、友人は満足いく占いがしてもらえたようだ。


私も占ってほしい。

最初は占いをしてもらう気はさらさらなかったが、結構良いことを立て続けに言われている友人の占いを聞いていて、欲が出てきた。

続けて私もしてもらうことに。

「性格は・・・熱心だがマイペース、自己中心的」

うわっ、ストレート。しかし、マイペースは当たっているため反論なし。

「今年はまさに、仕事の年。
仕事が生活での最優先です!


ええっ、今年も仕事最優先?!
去年もたいがい生活は仕事優先にしてきたんですけど!


「あのぉ、恋愛方面とかは・・・」

「今年はよくない。来年以降だね。
そうそう、不倫に注意ね。」

なんか、友人に言ってた内容と全然違うやん。
しゅん、とへこむ私。

「今年、実は勤務先が変わるんですけど、その転勤先がとても心配で。」

「今年は正に仕事の年だから、絶対大丈夫。人間関係もばっちり」

最後にいい話が聞けた。
これが聞けただけでも占ってもらった甲斐があった。

しかし、ウキウキの友人と比べて、私の占いの3分の2は悲惨であった。
帰りに四柱推命で使用したピンクの紙を赤い封筒に入れて手渡された。


なんとなくどよーんとした気分で、タクシーに乗り込んだ。

スポンサーサイト
2007.04.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/84-b2d66250

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。