上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
とまどいながらも、なんとか故宮博物院に到着。

門の向こうに見えるのが博物院
故宮博物院


ここには、かつて中国の北京にある「故宮」にあった宝物が展示されている。
蒋介石が台湾へ移動するとともにはこばれてきたらしい。
かなり大量の宝物がある。
・・・どうりで北京の方はカラッポな訳だ。

つい先日リニューアルオープンしたばかりであり、4年前と比べ非常にきれいになっていた。

入り口で日本語オーディオガイドを借りる。
レンタル料150元に加えてパスポートか1000元の現金を預けることで、借りることができる。
中で写真撮影はできない。

4年前に来ておきながらあんまり記憶に残っておらず、初めてと同じ新鮮な気持ちで見ることができた。
オーディオガイドは途中で不調になり、取り替えてもらった。


ところで、故宮博物院の名物といえば、

白菜

である。



白~緑を含む美しい石を白菜に見立てて彫刻した最高傑作らしい。写真からはわかりにくいが、緑の部分にはキリギリスが乗っかっている。

4年前に来たときもこの「白菜」がもてはやされていはいたが、今回は更にパワーアップしていた。

白菜のキャラクターグッズができていた。

翡翠の高尚な白菜とはうってかわって、単なる「白菜ちゃん」に成り下がっており、ショップで見かけたときはびっくりした。
お値段はまあまあ高かったと思う。

ちなみに白菜ちゃんは、オンラインショップでも購入できる。
ぜひご覧ください。
故宮商城

しかし、ここまでヒートアップするほど、白菜ってすごいかなあ・・・というのが、実は正直な感想。
他にも素晴らしいものはあると思うんだけど。
まあ、キャラクターグッズが作れる宝物っていったら、限られてくるもんねえ。


故宮博物院の敷地内には至善園という庭園がある。
お庭好きの友人の希望により、ここで休憩。
故宮博物院の入場券があれば、無料で入れる。

大きな池がある
至善園

南国の花があちこちに
南国の花

これ、誰だろ?
こんなものも


ちょっと人工的な感じは否めないが、南国の花がところどころに見られ、落ち着ける憩いの場だった。


故宮博物院を後にして、台北中心部に帰る。
楽しみにしていた小龍包の名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」での昼食。

しかし、疲れからか、ここで頭痛が・・・。
今日に限って頭痛薬持ってない。
どうしよう・・・。

スポンサーサイト
2007.03.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/80-3e38f6e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。