上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中正紀念堂観光を終え、
私たちはMRTに乗り込む。

これから故宮博物院へ向かう。

士林駅を降りたら、バス停にちょうどバスがやってきた。
窓を見ると、恐らく停まると思われる駅の名前がズラッと書いてあり、
その中に「故宮博物院」も含まれている。
バスの乗車口に駆け込んだ。

バスはすぐ走り出した。
駆け込み乗車に成功した私は、運転席の横に立ち、ホッと一安心。
ボーっと窓の外を眺めていた。


上機嫌の私に向かい、友人が重い口を開いた。

「・・・これ、故宮博物院に本当に行くんだよね?
『反対方面だったらどうしよう』
とか、心配にならないの?」

確かに。
言われて気が付いた。


私は一人旅では「自分しか頼れる人がいない」という緊張感から、少しは気合が入っているのだが、

二人旅になると途端にボーっと脱力系になってしまう

道を間違って進む、
反対方面の電車に乗ろうとする、

は、もちろんのこと、

電車内に買ったばかりのものを忘れる、
ひどいときはタクシーにかばんを忘れる、
など、恐ろしいことをしたりしている。

ラッキーなことに、周りの方の善意の協力により、いずれも無事発見されたが。
一人でいるときは、そういうミスはほとんどない。


以前、ヨーロッパ二人旅に行ったとき、しっかり者の友人より

「もうちょっとしっかりしてくれ」

と苦情を言われたことも・・・(笑)。


なんか、

「友人と一緒だと、何が起こっても安心。
何かあったら地元の人に聞いたら何とかなるよね」

という、変な安心感が生まれてしまうのかもしれない。
周囲にとってはかなりはた迷惑な話。
これから気をつけようと思う。


結局、車内の台湾の方に聞いたところ、間違いなく故宮博物院に向かっていることが判明した。
台湾人は親切に応対してくださる方がとても多い。

15分程度でバスは故宮博物院に到着した。


中正紀念堂の国家音楽庁裏のモスバーガー こんなとこにまでファーストフードが
中正紀念堂のモスバーガー

モスの看板


スポンサーサイト
2007.03.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/79-da557588

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。