上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
茶芸でお腹はたぷたぷだが、夕食の時間が近づいている。

MRT台電大樓駅まで戻り、「劍潭」駅へ。

士林(シーリン)観光夜市にやってきた。

夜市は、食べ物の屋台とその他衣料品・雑貨の屋台と場所が別れている。
まず食欲を満たしに食べ物の屋台街「士林美食廣場」に。
大きな体育館のような建物の中に、屋台が所狭しと並んでいる。
ここは屋根がついてて雨の日も安心。

前回は21時前に来たため、既に人影はまばらで、店内も残りかすのような食材しかなくてツライ思いをした。
しかし、18時過ぎの屋台は、すれ違うのもままならないくらいの人ごみ。

士林夜市の人ごみ


親子連れからデートの夕食まで、老若男女さまざまな人が食事を楽しんでいる。
メニューは中国語だけど、日本人観光客向けに日本語メニューをそろえた店もある。日本語がなくても、メニューと一緒に写真がついてると安心。
店側も観光客慣れしているため、指差しのみで会話は成立。楽チン。

友人と共に焼きビーフンをまず注文。

作ったばかりのアツアツ
焼きビーフン


店の向かいにあった簡易テーブルと椅子に腰掛けて食べ始めたら、まもなく
おばちゃんにすごい剣幕で追っ払われた。
隣の店の縄張りだったらしい。
しかし、他の椅子は既に人でいっぱい。
仕方なく、半分屋外にはみ出したベンチでで机もなく寂しく食べる。

味付けは醤油ベースで日本人好み。出来立てなのでとてもおいしい。

しかしそれだけではお腹一杯になるわけがないので、食べ終わったあとすぐに次なる食事を探し歩く。

小龍包はしょうがつき
士林の小龍包


小龍包は安値な分高級店より味は劣るが、満足感は得られた。


その後、雑貨・衣料品の夜市へ向かう。
が、しかし、すごい人ごみ。

右側通行。こんな調子でずーっと奥まで人がいっぱい
夜市の人ごみ


この道路の両脇に小さな店がずーっと連なっているのだが、あまりに人が多すぎて一度店舗に入ると道の人の流れにうまく合流できない。

しかも、狭い道の真ん中に更に商品を出すもんだから・・・

商品が邪魔で人の流れは更に停滞
道路のど真ん中に置くから


みんな、どこからやってくるのか、人が多すぎ。
しかも、皆ひたすら前に進む一方で、意外と店を見てないような・・・。

ウィンドーショッピングというよりは、

行進

粘って行進に参加したが、一向に前に進まない上に店も見られないため、結局10分ほどで私たちは落ちこぼれてしまった。

スポンサーサイト
2007.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/75-f39005ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。