上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
龍山寺と対面を果たした後は、友人たっての希望により

茶芸

に挑戦することになった。

MRTに再び乗り、台電大樓駅で降りて徒歩15分。
紫藤廬(ツートンルゥ)という有名な茶芸館にたどりついた。

ここは、日本統治時代の洋館を利用しており、台北市の古蹟に指定されているらしい。

クラシカルな雰囲気で統一されている
紫藤廬店内


庭には藤棚があり(シーズンオフだけど)、とても落ち着いた優雅な雰囲気。

藤棚の下でもお茶をいただける
紫藤廬の庭


ここでは、お茶を頼むときに、自分でお茶を入れるか、店員さんに茶芸を見せてもらうか選ぶことができる。
もちろん、茶芸を全く知らない私たちは店員さんに頼む。
友人は高山茶、私は東方美人茶を頼む。
「東方美人茶はお肌にいい」
と店員さんが言っていたため、期待をこめて注文。

数分して、店員さんが茶器セットを持ってやってきた。

茶芸開始


白い4つある茶碗のうち右側の背が高い方が「聞香杯」、左側が「茶杯」
茶芸中


まず、お皿に乗った茶壷に熱湯を入れ、それを茶杯、聞香杯に注いでそれぞれを温める。
その後、茶葉の香りを嗅がせてもらい、その葉を茶壷に入れる。
熱湯を注いで蓋をした後、更に茶壷の上から熱湯をかけて茶壷を温める。
茶杯、聞香杯のお湯を捨て、まず茶壷から聞香杯にお茶を注ぎ、香りを楽しむ。
その後、茶杯に注ぎ、お茶を飲む・・・

後は自分たちでやってね、と、店員さんは去っていった。

さすがに本場のお茶はおいしい。
東方美人茶は、砂糖は入ってないのに紅茶のような甘みがあり、フルーティー。甘い香りも漂う。

最初は優雅な雰囲気に飲まれて、すっかりセレブ気分できゃっきゃと見よう見まねの茶芸をやっていたが、その後2人とも徐々にペースダウン。

・・・そんなにお茶ばっかり大量に飲んでられなかった。

しょせんニセセレブ、優雅にお茶を楽しむどころか、だんだんお茶を飲むことが義務のようになっていった。
でも、お肌にいいっていうし~。
ところで、お茶っ葉まだたくさん余ってるけど、茶芸ってどの時点で終わればいいんだろう・・・。

すっかりお腹が水分でたぷたぷになり、店を後にした。

スポンサーサイト
2007.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/74-d2c621d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。