上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
5年前の春、パリ→アルル→バルセロナ→マドリッドを列車で巡る旅に出かけました(実は遅ればせながらの初めての海外旅行)。

初めて訪れるファッショナブルなパリ。素敵な街並みとおしゃれな人々の中で、浮かれながら有名なデパート ギャラリー・ラファイエットに入りました。

友人と2階のお手洗いに行ったところ、中から出てきた若い日本人女性にいきなり声をかけられました。

「あのー、すみません

私の髪、どう思いますか」

『えー、どう思うって、一体なに?』
と思っていると、向こうからぺらぺら語りだした。

「実は、ついさっき、パリの美容院でパーマを当ててもらってきたところなんだけど。ちょっと不安で。率直にどう思いますか?」

と真剣に語る彼女の髪の毛は、外国の女優のような、ボリュームあふれるパーマヘア。
はっきり言って、パリならいいけど、日本ではちょっと・・・という感じのライオンのたてがみのようなゴージャスヘアだった。髪はフランス人でも、顔は日本人な訳だし・・・。

既に仕上がっているのに、今さら何を言えというのか。
しかし、きっと勇気を振り絞って行ったんだろうし、彼女には似合ってないこともない、よね。

ということで、友人と共に

「いいと思いますよぉ」
「日本でもきっと大丈夫ですよ~」

と褒めちぎってそそくさと去ったのでした。


その後、彼女はそのまま無事に日本に帰ったんでしょうか。
もし日本ですぐにパーマ当てなおしたりしてたら、ちょっと寂しい。
今のような巻き髪ブームの日本だったら、目立たなかっただろうにな。
スポンサーサイト
2006.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/7-e4de0b43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。