上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ドラマという町でアンナの家にお泊りした2日後、荷物をまとめてアンナと2人でバスで出発した。

ドラマからカヴァラへ行く途中に遺跡があるらしい。

黄線の上側はブルガリア クリックすると拡大します
フィリピ遺跡


フィリピ遺跡は道路を挟んで両側に存在する。
フィリピという名前の由来は、アレキサンダー大王の父フィリッポス2世らしい。
紀元前からビザンティン時代に至るまで、いろんな時代の遺跡が混在する大きな遺跡群です。

フィリピ遺跡 右上はローマ時代の野外劇場
フィリピアップ


ローマ時代の野外劇場、広場、運動場、初期キリスト教時代のバシリカ式といわれる様式の建築物、などがあるらしい(ガイドブックより)。

中央の3本柱はバシリカの巨大柱らしい 後から知った
フィリピ写真1


フィリピ写真2


歴史的背景をあまり理解せずウロウロしていたが、相当古い遺跡だったらしい。
外国人観光客がちらほらいる程度でとても静かだった。

4月終わりだが初夏のように暑い陽気であり、日差しがきつかった。
しかし、この光景では日陰もなく・・・。
更に日焼けする。


その後、バスに再び乗り込み、港町カヴァラ(KAVALA)へ。
北部ギリシャではテッサロニキに次ぐ第2の都市らしい。

ようやく会えたギリシャらしい海
カヴァラの海



ここでアンナとしばしボーっとする。
アンナは将来カヴァラに住みたいそうだ。
確かにうなずける海が素敵な町だった。
心も体も癒しでゆるゆるだった。


アンナのお父さんがドラマから車で迎えに来てくれた。

そこでお父さんから手渡される見慣れた鍵・・・。

なんと、アンナの家に

スーツケースの鍵を忘れていた。

アブナイ。
くつろぎのひとときがあると、ついつい気がゆるんでしまう。
皆と別れて一人旅になって、スーツケースの鍵がないことを想像すると、ゾッとした。
よく忘れた鍵を見つけてくれたもんだ。持ってきてくれて本当によかった。

ゆるゆる気分から一転、この後の旅行は気を引き締めて回ろうと心にきめた。


あと、前回お送りしたアンナの姉からの「日本LOVE」レターを受け取り、カヴァラの空港へ。

17:30 エージアン・エアライン(ギリシャ国内のエーゲ海中心に運航している)に乗り込み、アテネへ向かった。

エージアンエアライン

スポンサーサイト
2006.12.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/51-10656ba2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。