上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
平日は病院でへんてこな病棟実習を行っていたが、休日はテッサロニキ近郊に出かけたりと遊び呆けていた。

ある土曜日。
チェコ人オルガと一緒に、テッサロニキから近いリゾート地であるハルキディキ半島へ出かけた。

Google Earthにて。この大きな半島がハルキディキ半島。
半島からは更に下向きに3本の指みたいな半島が出ている。出かけた場所は黄色の囲み辺り

ハルキディキ半島


9:00 街中から少し離れた場所にある半島行きのバスターミナルからバスに乗り込んだ。

まず、「ぺトラルナの洞窟」へ行くため、「エレオホーリア」を目指す。

テッサロニキ→エレオホーリアのバスチケット 2.25ユーロだった クリックで拡大します
バスチケット


「ぺトラルナの洞窟」とは、この周囲の観光名所の1つであるが、
実はエレオホーリア駅から徒歩4km・・・。

徒歩4kmというのは最初あまりピンと来なかったが、オルガ曰く、普通に歩いて1時間はかかるとのこと。
私たちは元気に歩き出した。

のどかな風景
ぺトラルナ洞窟までの道

けしの花らしい この頃はインスタントカメラだったのでイマイチ・・・
けしの花


しかし、炎天下の中、たった30分程度の徒歩で、私たちは周りの風景にも飽き出してしまった。

オルガはヒッチハイクを始めた。
しかし、この道はあまり車が通らず、しかも(というかやっぱり)なかなか止まってくれない。

ようやく1台の古い車が止まった。中には大工さんみたいなおじさんが乗っていた。ぺトラルナ洞窟まで乗せてくれるという。
車はものすごくポンコツで、中は使い古した道具など満載で、正直汚かった。
しかし、英語を話せないおじさんだったが非常にいい方で、無事洞窟まで連れて行ってくれた。

ぺトラルナの洞窟は1500mという長い鍾乳洞があるところであり、以前ネアンデルタール人の頭蓋骨が見つかって有名になったとのこと。
日本でいうと、やはり秋吉台みたいな雰囲気だったと思う。ところどころ水がポタポタ落ちてきた。
英語のガイドさんが案内してくれた。写真は撮影できなかった。

博物館が併設されていたが、あまり印象に残っていない・・・。

洞窟前から見渡した風景
洞窟前から見渡す



ぺトラルナ洞窟までやってくるバスも少ないながらあるものの、見学終了時はちょうど出たばかり。
仕方がないので、再び4kmの道のりを引き返すことに。

途中、車が一台私たちの前に停車。
行きに乗せてもらった車!
さっきのおじさんが用事を済ませて引き返してきた。

また乗せてくれるという。

ありがたく乗せていただく。
よく考えたら外国の女2人で危ないことをしてたもんだ・・・。

12:45 エレオホーリアバス停に無事到着。
しかし誰もいない。
おじさんが来たのでバスの時間を聞くと、14:30まで来ないという。
周りには少しの民家があるのみで、他に何もない。
仕方ないので待ち続ける。
あんなに射していた日が陰り、急に冷え込んできた。
あまりに寒いため、紛らわすために歌を歌いながらバス停の周りを走り回った。

このバス小旅行から、
「旅行では、待ち時間にもひたすら耐えるべし」
という教訓を得た。
日本みたいにポンポン頻繁に列車やバスが来る所なんてそんなにない。
むしろこんな風にのんびりとした日程でしか進まない旅行が多いはず。そんなのんびりとした時間の合間に、タイトなスケジュールでは見つからない面白い事が見つかるんだと思う。

15:00前、ようやく来たバスに乗り込み、ネア・カリクラティアという海岸沿いのリゾート地へ向かう。
そういえば、おじさんもバスを2時間ずっと待ってたなあ・・・。

スポンサーサイト
2006.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/46-258e9838

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。