上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ロレイから車で少し走ると、周りに牛がウロウロしている遺跡にたどり着く。

プリア・コー:聖なる牛
牛を祀った遺跡である。
水牛はシヴァ神の乗り物らしい。

修理中でつっかえ棒だらけ
プリア・コー 修理中


耳が欠けてる 目はつぶらでかわいい
牛の像



周りでは牛がウロウロ。

周りに牛が

私たちには無関心。
牛アップ


周りで草を食べている。
一応首輪?がついているが、首輪につながった鎖の先には何もついてない。

すなわち放し飼い。

もちろん凶暴性は全く無く、牛に追われたりすることなんてないけれど、たまに行く手をはばんだりするため、少しドキッとする。
牛が神様な遺跡だから、逆らわずそーっと通り抜ける。


その後、車でもう少し走ると、大きな遺跡への参道が現れる。

バコンに到着。

参道の両脇にははぎれがたくさん
バコン 参道


両脇につるされた紐には、色とりどりのはぎれが丁寧に縫いつけられている。
ガイドさん曰く、ちょうど「カンボジアのお盆」の時期のため、きれいに装飾されているらしい。
カンボジアのお盆には帰省ラッシュはないようだが、お寺参りをするらしい。

逆光バコン


夕方で少々薄暗いが、日本人観光客がちらほらいて、夕焼けのバコンを思い思いに過ごしていた。

バコンの上から参道を見下ろす
参道を見下ろす



ロリュオス遺跡群は見た目は地味な品揃えではありますが、素朴でとても落ち着いた素敵な遺跡ばかりです。
短期ツアーでは回らないものが多いですが、他にはない魅力にあふれているため、ぜひ訪れてみてください。
スポンサーサイト
2006.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/37-25932477

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。