上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
観光2日目の昼食は、シェムリアップ市内の「ロータス・アンコール」というホテル1階のレストラン。

ロータス・アンコールホテル入り口
ロータス・アンコール入り口


ホテル入り口の花


白い壁に深い茶色の調度品。落ち着いた素敵なレストランです。
パックツアーでこんなきれいないい所に来ると思ってませんでした(今まで行った他の国のパックツアーのお食事はイマイチだった)。

いつもどおり、ドリンクは別料金でコース料理を食べる。

パイナップルの器に入ったパイナップルごはん
パイナップルごはん


どこでも出てきた炒め物
炒め物


パイナップルの器をくり抜いて作った器。中にはパイナップルジュースが。値段は忘れた。安かったです。
まるごとパイナップルジュース


お食事はどれもおいしい。しかも、とてもきれいなところで皆「ホッ」とした雰囲気でした。

このホテルは中級クラスのようで、エコノミーコースの私が泊まれるところではなかったようです。
1階にはカンボジアシルクの雑貨店があり、洗練された趣味の良いかばん、スカーフが置かれていました。お値段は結構高め。
壁はガラスで光をふんだんに取り入れています。明るい。
しかし、お食事だけでもここに来られてよかったです。


同じグループのメンバーは今日の夕方のフライトで日本に帰る or ホーチミンへ行くらしい。
このツアーのメンバーは、
世界遺産アンコールワットとプチパリ・ホーチミンフリー6日間
とか
世界遺産アンコールワットとハノイ&ホーチミン周遊の旅7日間
などに参加している成田発の方々ばかりだった。

ちなみに私たちのツアーは
「気軽にアンコール・ワット
世界遺産の街で滞在プランをアレンジ
アンコール遺跡5日間
(アンコール遺跡観光三昧プラン)」

だったので(どこの旅行会社かわかってしまいますね)、
シェムリアップにしか滞在しない。
他の国でまだ楽しめる他メンバーが少々うらやましい・・・。

お昼ごはんで皆とお別れの挨拶を交わして、ホテルへ一旦帰宅。

昼休憩の後、たった2人になった私たちは、他のグループに混ぜてもらい、ロリュオス遺跡群へと向かいます。
スポンサーサイト
2006.10.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/35-ff0b5913

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。