上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
テッサロニキでは、受け入れ先のアリストテレス大学(なんか名前がかっこいい!)医学部生の下宿の一室でやっかいになりました。

学生の溜まり場で、しょっちゅう人が出入りしていました。

その頃は留学生があまり来ない時期でもあり、チェコから1人女の子が来ているのみでした。背の高い女の子、オルガ。この子がこれからの1ヶ月の滞在での心のよりどころとなるのでした。


部屋に到着して早速数人でお茶することになったのですが、一応2ヶ月ほど英会話教室に通ったにも関わらず、言葉が出てこない私。しかも、皆はギリシャ語なまりの英語。

しまった・・・。英語が母国語でないため、聞き取りにくい・・・。
まあ、当然のこと。ゆっくり話してもらったりしてようやく理解に至る。こちらも日本語なまりでなんとか応対。


テレビでは「クイズ$ミリオネア」が放送され、出演者・観客がかなりヒートアップしていました。ギリシャの司会者は、我が国が誇る(?)司会タレント○のもんたみたいににやにやしながら答えを言うまで引っ張ることなく、意外にあっさり正解を白状する(たぶんこれが普通だろう)。


ところで、欧米の人々と話していていつも思うのだけれど、会話の所々に出現する、
「私のママの作る料理は世界一なの~!」
みたいな会話にはどう対応したらいいんですかねえ。

「すごいわね」
って言っても会ったことも食べたこともないし。

「私のママもすごいのよ」
って言っても向こうは気を悪くするし。

なんか、周りは普通に流してる感じでしたが。


こうやって、ギリシャ初日の夜は無事過ぎていきました。


待ち合わせ場所は凱旋門
凱旋門

スポンサーサイト
2006.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/3-0d29a3d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。