上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2010年7月20日

今日はガイドさんのリードのもと、西安の世界遺産観光へ。
WEBサイトからオプショナルツアーをあらかじめ依頼していた。

8時半にロビーに40歳前後くらいの男性ガイドさんが現れた。
流暢な日本語を話す、気さくなおじさんだ。

バンへ乗り込むと、運転手さんがスタンバイしていた。
まず、西安市内から臨潼区という場所へ向かう。
ガイドさんは助手席から振り返り、楽しく話を振ってくれる。

西安雑学としては、
西安市街は「南二環路」という環状道路の囲まれているが、
その内側と外側とでは家やマンションの値段がかなり違うとのことだった。
日本でも電車の環状線の内と外とで大きく価格が異なるため、
納得できる話だった。


車はかなりスピードを上げていく。
中国の旅行では、車のスピードは断然速い。

ガイドさんは、

中国では車と人、どちらが優先が知ってますか?」

と聞いてきた。

これは有名な話。「中国では車ですよね」と返すと、

「優先は『勇気』です。
勇気を出した方の勝ちですね。」


と言われた。
なるほど。



出発から1時間ほどで、華清池という名所に到着。

A:西安の鐘楼 B:華清池

大きな地図で見る

華清池入り口


ここは温泉地であり、玄宗皇帝と楊貴妃が毎年冬に訪れたという
ロマンティックな場所である。
天気もいいし、案の定ものすごい数の観光客でごったがえしている。
日本人はここでもあまり見かけないが、観光客にはかなりの人気
スポットらしい。
世界遺産・兵馬俑坑も近くにあり、セットで巡ることが多い。

華清池の入場券

中に入ると、かなり広い敷地だった。

遠くに驪山というきれいな形の山が見え、ロープウェイで頂上まで行ける
という。

驪山を眺める

華清池のロープウェイ


今日も青空で炎天下のため、日傘が欠かせない。
中国の観光客の人々は、普通の傘をさしている人が多かった。

敷地の中央にはどーんとでかい池がある。(温泉?)

華清池の池


この華清池観光の極意は、
玄宗と楊貴妃の愛を感じ取りながら、美しく整備された温泉をゆったりと見て回る、
ことだと思うが、観光客が多く立ち止まることは許されない感じ。


楊貴妃の像の前は人だかりで近づけない。
楊貴妃の前の人だかり

行列が続く

しかし、なんとか場所を確保しつつ記念写真を撮って回る。

楊貴妃や玄宗が入ったお風呂だったと思う。意外と狭い。
楊貴妃が入ったお風呂だったと思う

これもお風呂

お風呂は室内にあるが、見学通路の壁にはこのお風呂についてや
楊貴妃についてがイラストを交えて説明されている。
中国語が分からなくても雰囲気は伝わってくる。


豪華な設備

休憩所

見学したところは冷たい水の場所ばかりだったが、実はちゃんと温泉
が今も湧いていて、入浴もできるらしい。

きれいな良いところだったけど、私はこの後に行く兵馬俑坑のことで
頭がいっぱい。

特に土産も買わず、兵馬俑坑へ向かった。



スポンサーサイト
2011.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/207-46d2fdc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。