上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最終日に止まったホテルは、
Confort Otopeni

空港近くでお手頃価格のホテルだ。

Rin Hotelsというホテルグループのひとつ。
ブカレスト市内にいくつかグループのホテルがあるようだ。
ちなみにブカレスト市内にComfortホテルというホテルもある
が、mとnが違うだけでなく全く別のホテルです。


空港ド真ん前のホテルはもっと便利そうだったがやや高く、
一晩寝るだけで早朝出発だったので、安くて無料送迎がある
ホテルを選んだ。

写真はないが、エコノミーホテル、という感じのところ。
同じグループのホテルで少し高めのホテルが隣接している。
そこのレストランで夕食を取った。


翌朝はブカレスト・オトペニ空港を6時20分の発つ飛行機
だったので、4時に出発するリムジンバスに乗車。
直線距離では空港からすぐのホテルだが、空港と反対側の道路
沿いにあるため、遠回りをして約15分で到着した。


ルーマニアの首都の空港とはいえ、結構小さく古い空港。
空港内の小さなお土産屋さんでお土産を買いつつ残ったルーマニア
通貨、レイを使いきろうとしたところ、

「ユーロしか使えない」

とのこと。
ええっ!どうして!

まだ日本円にして1500円近くレイが残っていた私は焦った。

再両替するのも勿体無いし、結局タバコ臭い小さな売店でお菓子を
いくつか買って終了した。

6時、ブカレストからフランクフルトへ向かう飛行機に搭乗。
ブカレストを後にした。


今回は一人旅であったため、実を言うと、無事にルーマニアを旅して
帰ってこられるか多少心配だった。
ルーマニアについての情報も日本にはあまり無く、ルーマニアへ行くと
周囲に言っても、ピンと来ない様子がありありと伝わってきた。

しかし、実際に行ってみると、素朴な素敵な国だと言うことがわかった。
タクシー乗車でややトラブルもあったが、ほとんどの人は非常に親切で
温かな対応をしていただき、とても楽しく大きな問題も起こらず旅を
終えることができた。
しかも、まだまだ物価も安く、ホテルも食事もかなりお手頃価格だった。

ブコヴィナ地方、マラムレシュ地方のガイドをしてくれたガイドさんが
私にこう言った。

ルーマニアが素晴らしいところだったことを、ぜひ日本で皆に教えて
あげてほしい。」


BSなどで数多く放送されている旅番組でも、ルーマニアは全くといって
いいほど取り上げられない。
隣のブルガリアやハンガリーは時々見かけるのだけど・・・。
しかし、ブコヴィナ地方の修道院やマラムレシュ地方の木造教会、
いずれも特集したら本当に素敵な番組になりそう!!

今回旅したところは、ルーマニアのほんの一部であり、世界遺産として
認定されている場所だけでもまだ見ていないところがたくさんある。
やや交通が不便なところもあるが、美しいところばかり指定されており、
また見に行きたい。

このブログでルーマニアがどんなに素敵なところだったか少しでも
伝われば幸いです。

「陽気な墓」サプンツァで買った絵ハガキ
サプンツァの絵ハガキ




スポンサーサイト
2011.04.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/205-3d9127c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。