上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まだ学生だった頃。
6回生になったばかりの春に、医学部学生団体が主催する交換留学に参加してきました。現地の病院で希望の診療科見学・実習をさせてもらえ、更に必要経費は7万円+交通費というお得なプラン。

なぜギリシャなのかというと・・・

英語に自信のない私。かといって、イギリスやアメリカなど、英語が母国語の人々にベラベラしゃべられるのもしゃくに触る・・・。

そんな訳で
「受け入れ先も私と会話するのに努力をして英語をしゃべり、なおかつ治安のいいところ」
という、受け入れてもらう割には図々しい理由でギリシャに飛び込んだのでした。

アテネに希望を出しましたが、正式受け入れ先はギリシャ第2の都市、テッサロニキ。親からも「そこは一体どこなんだ?」とつっこまれながらも、初めての一人旅が始まりました。


2002年4月5日9:20に関空発のルフトハンザ航空に乗り、フランクフルトへ。アテネに到着後、オリンピック航空(機体のマークは、お馴染みの五輪マーク、かと思えば更にもう一輪加わっている)に乗り換え、4月6日の夜にテッサロニキに到着したのでした。

テッサロニキの中心部 ホワイトタワーホワイトタワー

スポンサーサイト
2006.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/2-3f4e7f82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。