上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
車の旅は本当に長かった・・・。
我々は、本日最後の観光地、サプンツァへ向かった。


大きな地図で見る

本日の宿泊地であるシゲット・マルマツィエイを通り越して車で30分
くらいだったと思う。
地図で見ると、サプンツァの上に国境が。
この線を越えるとウクライナに入る。

車で走っていると、国境方面に山が見え、そこに家がみえた。
ガイドさん曰く、「あれはウクライナの家だよ」とのこと。
国境をこのような形で見たことはなかったため、驚いた。

サプンツァには、

陽気な墓

という、有名な観光スポットがある。
今回ここを訪れるのを非常に楽しみにしていた。

ようやく到着。
ドキドキしながら入り口に近寄る。

陽気な墓入り口

一面、ブルーの墓標が立ち並んでいる。
墓標には彫刻で何やら絵が描かれている。

トラクターの運転手

通常、墓標には生前の職業や亡くなった原因などが刻まれている。
この方の場合、恐らく農業をされていたか、その機械の運転手だったんだろう。
絵の下には、その解説が記されているようだ。


バイオリン弾き

これは結婚式などで活躍したバイオリン弾きだったと思う。


交通事故の少女

これは、なかなかシュールな墓標だが・・・。
一目でわかる死亡原因・・・。
「1995~1998」なので、3歳で交通事故で亡くなったのだろう。


酒飲みの墓標

これはガイドさんが説明してくれた。
左端の男性がこの墓の主だ。
パーティー三昧で、酒を浴びるほど飲んでいたらしい。
両側の上部に天使がいるが、その天使も酒を飲んでいる!
右端には3人女性の顔がある。すなわち、愛人が3人いたとのこと。

これだけやりたい放題していたのに、70歳くらいまで長生きしたらしい。
案外人生なんてそんなもんなのかもしれません。


花が咲き乱れる墓

墓標の前には花が咲き乱れ、寂しさは感じられない。
自動車の絵が描かれている墓標があることからもわかるように、
この墓は現在も増えている。
この地域の人が亡くなると、皆ここに墓を作るようだ。

ガイドさんによると、亡くなると遺族が相談し墓標の絵を考えるらしい。
人が亡くなったにも関わらず、このようなユーモアあふれる墓標を皆で
考えられるという習慣。
これを考えられるということは、その人の死を遺族がきっちり受け入れ、
その人の生き様を語れるくらいに心が平静になったということだと思う。

どの程度時間をおいて墓標のデザインを考えるのか、どのくらいの期間
で墓標が出来上がるのかわからないが、このような習慣を非常に興味深く
思った。

観光客にまぎれて、地元の人がお墓参りに来られているのを見た。
こちらは日本同様に墓周りをきれいにされていた。
その横で観光客はにぎやかに記念撮影(私もだけど)。
なんだか不思議な光景だった。

写真をたくさん撮って、シゲット・マルマツィエイへ戻った。
スポンサーサイト
2010.12.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/198-af0a64a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。