上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
モルドヴィツァ修道院から最後のスチャヴィツァ修道院へは
かなり山道。くねくねとした道を車で飛ばす。

スチャバ山中1

スチャバ山中2

スチャバ山中3


山中を抜けると、ふと花だらけのかわいらしい建物が見えた。
ここでお昼御飯だという。

「Popas Turistic Bucovina」

修道院巡りではこのレストランの前を必ず通るため、団体ツアーで
このレストランに立ち寄ることが多いとのこと。
ちょっと疲れていたからか、外観の写真を撮るのを忘れていた。


中は改装したとのことでかなりきれい。
ガイドさんと一緒に席に着く。

ここでルーマニア料理で有名なチョルバを注文。
私が頼んだチョルバはクリーム風味。中にはチキンと臓物も入っている。

チョルバ

この写真では中身は全くわからないが、中はかなり具だくさん。
これだけでもお腹いっぱいになる。
シチューのようだが、意外とあっさりしていておいしかった。

つけあわせのパンもやってきた。
ゴマが上にふりかかっていて、なかなかおいしい。

ジャポネ

ガイドさんがふと、

「これはジャポネ(日本)という名前のパンなんです。」

と言う。

なんでも、このパンの形が結った日本髪に似ているからだとか。
こんなところで日本が話題になっているとは知らなかった。
おもしろい。

ここでは、自家製ブルーベリーリキュールが評判とのこと。
ぜひとも、ということで注文。
グラスに入った濃い紫色の飲み物がやってきた。
くいっと飲むと、フルーティだがかなりアルコール度数は高く感じた。
しかしとてもおいしい。
ガイドさんは、アルコール度数はたぶん10%くらい、と言っていた。


最後にデザート。
これもルーマニアの名物。

パパナッシュ

パパナッシュというドーナツに生クリームがかかった、なんとも
ボリュームあるお菓子。
これが、それほど脂っこくなくなかなかおいしい。
結局全部食べてしまった。


店員さんはガイドさんとは既に顔なじみ。
しかし、もうすぐ団体さんが来るとかで、かなり慌ただしくしていた。


ここでガイドさんとおしゃべり。

今回私は旅行にソフトバンクiPhoneを持ち込んだ。
ルーマニアではソフトバンクの「海外パケットし放題」を利用するため、
ルーマニアVodafoneをローミングで利用していた。
ルーマニアでは既に3G回線が導入されているが、こんな田舎では無理。
速度はかなり劣るが、vodafoneのGSM回線をこの付近で利用。

しかし、このレストランではやはり圏外だった。

「携帯、圏外だよ~」とガイドさんに言うと、
ガイドさんの携帯ではアンテナがバッチリ立っている。
ガイドさん曰く、ルーマニア北部では、vodafoneよりもORANGEという
キャリアの方がよく通じるとのこと。

「でも、ホラ・・・」
と見せてくれたガイドさんの携帯、なんとvodafoneとORANGEの両方が
利用できるとのこと。中に両社のSIMカードが入っているらしい。

「同じキャリア内同士の通話で割引があったりするから、
通話の相手によってキャリアを変えられるんだよ。
と得意げだった。

ルーマニアの携帯事情は、日本より進んでいる!と思った。

スポンサーサイト
2010.11.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/192-a307bb65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。