上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゆったりとした道が続く。

ブコヴィナ地方の風景

朝のスチャバはたぶん10℃前後だったと思われるが、
日が照っていて、トレンチコートは暑くて脱いでしまった。

道には色んな動物が現れる。

牛乳売りの馬車

これは牛乳を売る馬車。
なんとも優雅である。

働く馬


しかし、道端から犬が飛び出してきたり、牛が道で暴れていたり、
なかなか車を運転するには危険な道路だった。


スチャバを出て3時間。
次なる世界遺産、モルドヴィツァ修道院に到着した。

扉を開けると、こちらも広い。
というか、フモール修道院がかなり小さかったことがよくわかる。

モルドヴィツァ修道院

こちらは、ヴォロネツ修道院よりも若干スマートでスタイリッシュな
雰囲気だと感じた(気のせいかも・・・)。

こちらのフレスコ画は、黄色が目立つよ、とガイドさんが言う。
何の黄色なのか、近づいてみる。

モルドヴィツァ東南面

モルドヴィツァに近づく

ギリシャ時代の偉人達

黄色は、描かれた聖人たちのオーラだった。
青の背景に黄色が際立ち、はっきりとした色調の絵となっている。

ところで、すぐ上の写真の下段の人々は一体誰なのかというと・・・
ガイドさん曰く、
「プラトン、アリストテレスなど、ギリシャ時代の偉人だよ」
とのこと。
この人々は神様にも値するほどの偉業を成したため、このように
フレスコ画に聖人たちと並んで描かれたらしい。

この修道院で有名な壁画は、
「コンスタンティノープルの陥落」

コンスタンティノープルの陥落

1453年に東ローマ帝国のコンスタンティノープルが、
オスマントルコのメフメト2世の手に堕ちた事件である。
ただ、こちらに描かれているのはもっと昔の出来事で、
イスラムの包囲を見事突破したエピソードが描かれているらしい。

修道院周囲をぐるりと回る。

モルドヴィツァ北面

北面はやはり冬の風雪により消えかけている。

周りにはバラがいっぱい

十字架にもバラ

修道院を取り囲む塀


周りにはバラが咲き乱れ、本当に素敵なところだった。
時間はゆったりと流れていく。
天国を私はもちろん知らないが、きっとこんなところなんだろうな、と
思った。

もっとここにいたい、と思ったが、次へ向かうためモルドヴィツァを
後にした。

スポンサーサイト
2010.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/191-0f199cf2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。