上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月12日(日)
フランクフルトを経由し、14時前にブカレストに到着。
日本人は見当たらないが、入国審査のおじちゃんは
私のパスポートを見て
「コニチワ」
と微笑んだ。

ブカレストのアンリ・コアンダ国際空港(通称オトペニ空港)。
ここから市街地へはバスも出ているが、バスで降り立ってから
結局タクシーになるため、ここからタクシーに乗る。

ただ、ブカレストのタクシーは「ボラれる」と非常に不評とのこと。

スーツケースを引いて到着ロビーに出ると、案の定すぐに
「タクシー?タクシー?」と声がかかる。

ただ、声をかけてくる奴らにロクな奴がいない、と思い、
ひたすらタクシー乗り場を探す。
タクシー乗り場に乗り付けているタクシーは、多少なりとも
認可を受けているマシなタクシーらしい。

しかし、今から考えると目の前にあるタクシー乗り場に、そのとき
はなぜかたどり着けなかった。

「タクシー?」おじさんと話をする。
おじさんは自分がタクシーの運転手と言う。話を進める。
空港から市内までのタクシー料金の相場は、だいたい80レイ
(20ユーロ弱)とガイドブックに記載している。
おじさんは最初25ユーロを提示してきたが、20ユーロがいいんだ、
と言うと、「オーケー」と引き受けてくれた。

おじさんがスーツケースを持ってタクシー乗り場に行くと思いきや、
空港の駐車場に向かう。

「タクシー乗り場じゃないやん!」と言うと、
駐車場にマイカーがある、とおじさんは言う。
うーん、やはり白タクか。スーツケースを取り返し、やっと見つけた
タクシー乗り場へ向かう。

タクシー乗り場で予約したホテルの名前を見せ、20ユーロくらいか、
と聞くと、わからないが、そんなもんかな、と言われた。
一応認可タクシーのようなので、乗り込んだ。


乗り込むと、タクシーメーターはつけているか微妙な様子。
早速これからの予定を聞かれ、市内を自分のタクシーで回れ、と営業
をされる。明日夕方にはスチャヴァへ行くので、面倒だから断り続けた。
おじさんは、ムッとした様子。

タクシーで嫌な思いをすることが多いため(ナメられやすいのか)、
ガイドブックの地図を見ながら場所を時々確認しつつ過ごす。
かなり猛スピードでタクシーは走るが、一応通りすがりの名所を少し
ずつ説明してくれる。

タクシーから見た凱旋門
タクシーから見た凱旋門
ブカレスト街並み
ブカレストの街並み

ブカレストの街並み2
隣を走るブカレストの一般的なタクシー
ブカレストのタクシー


まあ、普通のヨーロッパの街並み、という感じ。
ただ、古い建物が多く、首都にしては人通りがやや少なく感じた。

ホテルに近づくにつれ、営業トークもラストスパート。
断ると、フンッという感じになり、一応携帯番号をメモ書きした紙を
くれ、もし気が変わって観光したくなればここに電話して呼べ、と
言われた。

タクシー料金120レイ!(約28ユーロ)
はあ?と聞き返したが、断固として譲らなかった。
しぶしぶ払い、ブカレストの不評タクシーの洗礼を受け、トボトボと
ホテルへ入って行った。
スポンサーサイト
2010.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/183-b6b6f55a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。