上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
清真大寺から、再び鐘楼のある交差点に戻る。
本日午前の観光で最後に選ぶのは、南大門。

再掲 鐘楼から遠くに見える南大門
南大街の先には南門

城壁から外へ出るための門で、南側の出口だ。
これから南へ向かい歩き始める。

交差点からまあ1km。徒歩で行ける範囲だと思う。
ただ、更に気温は上がってきている。
湿気が無いので、日本で感じるようなまとわりつくような不快な
暑さではないが・・・。
熱風が吹きつける。

この1kmが本当に本当に遠くて・・・。

途中にはデパートが立ち並ぶ繁華街だったが、立ち寄る気力もなく
もくもくと歩き続けた。

南大門が見えてきた。
南大門が見えてきた

しかし、ここからが非常に難所。

交通量が多い交差点だが、歩行者が渡るための信号が無い。
南大門に続く横断歩道はくねくね曲がった貧弱なものが辛うじて道路に
かかれているものの、盛んにハイスピードで走ってくる車の間を縫って
通るのはかなり難しい。

人が通るのと一緒に勇気を出して飛び出した。

ようやく南大門に到着。
日陰に入ると少し涼しいが、これから炎天下の南大門の上に登ることを
考えると、かなりブルーに。

南大門前の小さな道
南大門へ続く道

40元払って(約500円。高いと思うなあ。)、階段を上ると視界が開けた。

城壁の上 西側を見る
先が見えない城壁

広い!

城壁の上は道路になっており、高さ12m、横幅12~14mもあり、
二車線道路になりそうな横幅。
これが延々と続いており、西安市街をぐるりと取り囲み、総延長14km。
これが明代にレンガをひとつひとつ積み重ねて造られたというのだから、
その頃の人々の労力は計り知れない。

南大門は城壁の南側のちょうど中間地点にあたるが、西の端を目で
確認することはできなかった。遠すぎてかすんでいる。
レンタサイクルや三輪リキシャ・観光電動車で城壁を一周することもできるらしい。

レンタサイクル貸出所 南大門からすぐのところ
城壁のレンタサイクル

しかし、こんなに暑いのに、城壁をめぐる余裕は全くない。
南大門の上の日陰に腰かけ、売店でジュースを買いごくごく飲み干した。

周りの観光客もほとんど同じ気持ちのようで、日陰でスイカを食べたりしている。
中国人ばかりだ。
そういえば、西安に来てからこれまで一度も日本人に遭遇していない。
見かけるのは欧米人か中国人ばかりだ。

少し城壁を歩いてみる。

城壁を歩いてみる
城壁の下をのぞく
城壁から下を見る


が、やはり暑くて50mほどで引き返してしまった。

足元に敷き詰められているレンガをよく見てみると、何やら文字が刻まれている。
城壁のレンガ

何が書いてあるかよくわからなかったが、人の名前だったように思う。
この時期の偉い人の名前だろうか??

結局ほとんど歩かず、城壁観光は終了。
明代にこの城壁を造った人々の情熱が、メラメラ熱気となって伝わってきた
ような気がする。

ちょうどお昼の時間だが、暑すぎて食事を摂る気にもなれず、ホテルまで
戻り、クーラーをがんがんにつけてベッドにへたりこんだ。
スポンサーサイト
2010.08.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/178-9430a4fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。