上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2010年3月28日 クアラルンプールは朝から快晴。

ホテルからの眺め
ホテルからのKL市内

今日は市内観光を中心に歩き回る予定だ。

KLセントラル駅からLRT(Light Railway Transit)という鉄道の
クラナ・ジャヤ線に乗り込む。
比較的きれいな電車であり、クーラーもよく効いている。
この路線は高架であり、車内から街を見渡せる。

尖塔は国立モスクのもの
LRTからの眺め

KLは新旧様々な建物が建っているが、緑が多く見た目も心地よい。
なかなか過ごしやすそうな街に見えた。

「マスジッド・ジャメ」という駅で降り、少し道に迷いながら、最初の目的地
マスジッド・ジャメに到着。

マスジッド・ジャメ入口

マレーシアはイスラム教国であり、モスクがところどころに見られる。
昨年トルコに行った際、モスクが非常に美しかったため、今回も楽しみにしていた。
しかし、入り口の門が閉まっている。

うーん、入れないのだろうか。
周囲には観光客らしき人は誰もいない。
今日は休み?でも、ガイドブックには無休と書いてるし・・・。

中にいるおじさんに「入れるの?」と聞くと、うなずいて門を開けてくれた。
そのまま行こうとすると、おじさんが呼びとめる。
スカーフがずらっと並んだ机に連れて行かれた。

「ああっ、参拝にはスカーフを頭に巻かなきゃならなかった。こうやってがめつく
お金を取られるんだな。自分で持ってこればよかった!」

と思い、しぶしぶ財布を開こうとしたら、おじさんは

無料

だという。

おじさんは、モスクを守る番人として、観光客がモスクで失礼な行動が無いように
マナーを教えているだけであり、帰りにスカーフを返すこと、モスクの中の階段には
上がらないように忠告するのみであり、一切お金は取らなかった。

自分のやましい心に恥ずかしく思いながら奥へ。

この階段は上がってはいけない
マスジッド・ジャメ外周

マスジッド・ジャメは、1900年初めに建てられたモスクとのことであり、白い壁が
美しい。周囲はヤシの木が生い茂っており、昨年みたトルコのモスクとは周囲の環境が
明らかに異なる。南国のイスラム教国の風景なんだろう。

ヤシの木がきれい

モスク周囲は非常に静かであり、鳥の声が聞こえる。
今は礼拝の時間ではないからか、人は誰もいない。

アーチが美しい
モスク内部

屋根もきれい

ヤシの木の中にあるモスクもいいもんだな、と感じた。
写真をたくさん撮った。
ついでにスカーフ巻き巻き姿の写真もおじさんに撮ってもらい、モスクを
後にした。
スポンサーサイト
2010.07.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/169-f838dfec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。