上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
頑張った(つもりの)自分へのご褒美としての旅行であるため、
贅沢な旅行にしたい。
コツコツ陸マイラーとしてため続けたANAのマイレージは10万マイル。
しかし、最寄の関空からの便は結構埋まってきていたため、
行きは中部セントレアからのシンガポール航空ビジネスクラスを押さえた。

2010年3月27日 11時発のシンガポール航空で出発。

離陸しほっと一息。
しかし、ビジネスクラスは初めての私。
どうしてよいかわからず、キョロキョロと挙動不審。

早速料理が運ばれてくる。搭乗時に洋食でお願いしていた。
万年エコノミーだった私には、食事前にテーブルクロスが敷かれること
にすら驚きであった。

まず運ばれてきたのは、マレー風焼き鳥である、サテー。

定番のサテー
サテー

陶器の器でレストランのように出てきた。
もちろん、東南アジア料理の好きな私には非常においしい一品。
食べ終わったタイミングを見計らって、CAさんが器を下げてくれる。
うーん、フランス料理屋のようだ。感動。
たまにはこんな贅沢な旅もいいもの。

その後、前菜が。
鴨胸肉の燻製 リンゴのコンポートとミックスサラダ添え らしい。

鴨胸肉の燻製 リンゴのコンポートとミックスサラダ添え

これも、高めのレストランでいただくようなお味。だいたい、機内食で
金属製のフォークとかナイフとか使ったのが初めてかもしれない。

メインは3種類から選べたが、私はパスタを注文。

シーフードリングイネにトマトハーブソースと供に

シーフードリングイネにトマトハーブソースと供に
機内でどうやってサーブしているのか想像できず。普通に厨房から運ばれてきた
かのようだった。
満足。結構満腹。

最後に

バナナアイスクリーム
グルメチーズと付け合わせ

アイスやらチーズやらたくさんいただき、どんだけ食べるねん、というほど食べ、
満足して食事を終えた。

食事が終わり、ほっと一息。
椅子の周囲を見渡すと、いろんなボタンがある。
確かここを触ると椅子が倒れる・・・??

ゴソゴソしている私を見かねて、隣のおじさんが椅子の調整の仕方、テレビモニターの
出し方を英語で教えてくれた。

40歳代かと思われるこのおじさん、話を聞くとマレーシアの方とのこと。
ペナン島のバトゥ・フェリンギというビーチのある町から日本の静岡にビジネスで
やってきた、とのことだった。
ふーん、と思って聞いていたが、バトゥ・フェリンギと言えば高級ビーチ。
もしかしたら、ホテルのオーナーとか、めちゃくちゃ金持ちのおっちゃんだったのかも
しれない。もっとつっこんだ話をしておけばよかった。惜しいことをした・・・。

椅子をフラットにして(フルフラットではないが)休みつつ、優雅な環境で
シンガポールへ到着。
乗り換えて夜にクアラルンプールへ到着した。

スポンサーサイト
2010.07.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/167-7a7e9e2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。