上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
扉の向こうに次々と部屋が広がる。

次に現れたのは、「ゲオルギーの間」

ゲオルギーの間の玉座

かなり広い空間だが、伝えられる写真がない・・・。
玉座には、ロマノフ王朝の紋章である、双頭の鷲の飾りがあり、非常に豪華。
壁や柱は大理石だ。

ガイドちゃんが、「ほら、床を見てください」というので、見てみると・・・

寄木細工の床遠景

寄木細工

寄木細工である。16種類の木を使って作られているようだ。
こちらも非常に手がこんでいる。

その次の見どころは、「パヴィリオンの間」

パヴィリオンの間

シャンデリアを見上げる

きらきら輝く豪華な部屋である。

エルミタージュ美術館は、「冬宮」、「小エルミタージュ」、「旧エルミタージュ」、「新エルミタージュ」の4つの建物から成り立っている。
ここ、「パヴィリオンの間」は「小エルミタージュ」。
エカテリーナ2世が公式生活の喧噪から逃れ、静かな安らぎとくつろぎを得る場所として造られたものらしい。
端にはこんな噴水もあり、かわいらしさを感じられる部屋である。

貝でつくった噴水

ここで、親しい人たちと楽しく過ごしていたのかもしれない。


この部屋の目玉は、「からくり時計」
からくり時計

孔雀の像

18世紀につくられた時計らしい。すごく大きい。
しかし、どこがどうからくりで動いて、時間がわかるのかは
ちっともわからなかった・・・・。

さらに、ポセイドンを描いたという、モザイク床もあり、

ポセイドンのモザイク

この部屋は見どころが多かった。

ちなみに、見学中は、私たちだけだった。
シーズンオフになりかけていた時期だったからかもしれないが、
朝早くに来た方がすいていて良いのかもしれない。

このあと、いよいよ絵画の部屋へ突入する。
有名な、アレが待っている・・・。
スポンサーサイト
2009.08.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/164-5457c3ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。