上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
血の上の教会以外にも、サンクトペテルブルクは見所がいっぱい。
ただ、どこに行くにもやや交通の便が悪い・・・。

地下鉄が通ってはいるが、どの駅も見所からは非常に遠い。
駅チカ物件は、血の上の教会とカザン聖堂くらいではないか、と思う。

タクシーは高いし、天気もいいし、私達は次の見所まで歩くことにした。
大通りをずーっと歩き、途中で曲がり、20分はゆうに歩いた気がする。

途中でストロガノフ伯爵の宮殿前を横切り・・・

ピンクの壁がかわいいロシア・バロック様式
ストロガノフ宮殿

この宮殿のシェフからあの「ビーフストロガノフ」がつくられたらしい。
ここのレストランで食べることもできる。

たどり着いたのは、

イサク聖堂

イサク聖堂

今まで見てきた中では、意外と新しい建物に見える。1858年建設らしい。
ロシア・クラシック様式という建築様式であり、直前に見たカザン聖堂と似た造りである。
ちなみに上層部は展望台になっている。

入口は向こうから 右下の建物はチケット売り場
入り口は向こう

ここでもきっちり入場料とは別に撮影料金を取られる。
イサク聖堂内に突入。

イサク聖堂に入ると

さすがに中も天井が非常に高く、一面に描かれた聖人たちがものすごい迫力で見下ろしてくる。
豪華絢爛という言葉がぴったり。

天井を見上げると、ドーム部分に日が差し込んでいる
ドームの天井

天井画

ここで有名なものは、大きなステンドグラス。
しかし、それが展示してある部屋は工事中であり、遠目に眺めるのみだった。

前に柱が渡されている
ステンドグラスは工事中

アーチの装飾

天井を見る

かなり広い。本当は、展望台にも上りたかったが、追加料金がいることと、時間が迫っていることから、断念。

イサク聖堂を後にした。
歩いて元の地下鉄駅まで戻る。

帰り道の運河 街並みがきれい
サンクトの運河

ホテルに戻り、服をスカートに変更。
サンクトペテルブルクでかなり楽しみにしていたマリインスキー劇場でのバレエ公演へ向かう。
日本でWEB上でチケット支配したのだが、果たしてうまく見られるのかどうか・・・。

スポンサーサイト
2009.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/159-a321c004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。