上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ポクロフスキー寺院(聖ワシリー寺院)のことを知ったのは、もう7年も前のことだ。
初めて見たのは世界遺産を特集した雑誌だったと思う。
ヨーロッパの国々で見る厳かな建築物と異なり、カラフルでおもちゃのような教会であり、

なんて型破りな建物なんだ

と思った。

その頃から一目この目で見てみたくて、色々策を練っていた。ロシア語講座をラジオで聞き始めたりもした。
しかし、時間がなかったりいい飛行機がなかったりお金もなかったりしていつも見送っていた。

そんな長い年月をかけて会いたいと願い続けた寺院ゆえに、初めて見たときの感動は言い表せない。
寺院は堂々と赤の広場のど真ん中に建っていた。

夕方のポクロフスキー寺院

この写真はこの9月終わりの夕方5時頃。
これくらい正面から日が当たると、色鮮やかさが際立つ。

遠くから見ると、塔のタマネギ頭と塔全体を引き締める直線模様に注目してしまうが、

クリックすると拡大します
ポクロフスキー寺院見上げる

壁には花模様が描かれていたり、思った以上にメルヘンだ。

左下の入り口から内部に入る。
入場料は100Pだが、写真撮影料は130Pと入場料より高い。うまい商売をするもんだ。

入ると、すぐに立派なイコノスタスが出迎えてくれる。
1階のイコノスタス

1階天井
ロシアの寺院は壁・天井が絵画で埋め尽くされ、非常に豪華で賑やかな印象を受ける。

この寺院は塔のひとつひとつが教会になっているらしいが、中に入ってぐるぐる回っていると、どこの塔なのかわからなくなる。
2階に上がると、一番大きなイコノスタスがお目見え。

2階のイコノスタス

壁一面から聖者の絵が私たちを見下ろし、迫力に圧倒される。
ここには見張りの係員がおり、時々抜き打ちで撮影料を払っているかどうかチケットをチェックしていた。
ここがこの塔のメインらしく、時々男性たちが集まって賛美歌を歌っていた。

さらに奥に進むと、迷路のようになっており、その壁一面に絵が描かれている。

三位一体像

聖者の絵
壁一面ぎっしり絵が描かれる
壁一面

ここを抜けるとお土産屋さんに抜け終了。

モスクワ滞在3日間の間、何度も赤の広場を訪れてはこの寺院を眺め、寺院全景写真は30枚に及んだ。
満足。

日暮れ時の寺院
日暮れのポクロフスキー寺院
スポンサーサイト
2008.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/150-02eda561

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。