上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月15日 現地時間3時50分起床。

これは、もう若いとは言えない私や更にその母には結構辛い時刻でした。
とりあえず化粧をして、4時40分に迎えにきたバスに乗り込む。

他2軒のホテルを回り、メンバーは18人になりました。

チェックポイントで、まずたいていのアンコール遺跡で使える写真つきの3日券を作成(ガイドさんが作りに行ってくれた)。

こんな早朝にもかかわらず、周りにはバスやらタクシー、バイクで続々と観光客が集まってくる。
昨夜は雨が降っており、更に雨期であるため、太陽が拝めるかどうかは全くわからない。

まだ暗い中、5時10分頃にアンコールワット前の駐車場に到着。

暗闇の中にうじゃうじゃ観光客がたむろする、
はっきりいって異様な光景が拡がっていました。
しかもほとんど日本人。

真っ暗だけど、うっすら3本の塔が見える。日本人がうじゃうじゃ
夜明け前のアンコールワット


10分ほどすると、徐々にアンコールワットの3本見える塔の左側から明るくなってきた。

うっすら夜明け



分刻みで変わっていく空に釘付けで、とりあえず写真を撮りまくる。
「地球の歩き方」に『とりあえずシャッターを切れ』と書いてあったので、正直にそれに従い撮りまくった(しかしデジカメにあまり詳しくないため、設定はいい加減)。

5時50分頃、美しい朝焼けとなった。

朝焼け

塔の中央から朝日が昇る素敵な時期もあるようです
朝日



本当はアンコールワットから丸い太陽そのものが昇るのを見に行ったのだが、やや曇り気味なため、完全には見られなかった。乾期にはそういうものも見られるらしい。
まあ、雨期だし朝焼けでよしととするか。

完全に日が昇りきった後、朝食を食べに一旦ホテルへ引き返しました。

もちろんまた睡眠・・・。
スポンサーサイト
2006.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/15-86118abd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。