上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月22日 朝からモスクワは快晴。

バイキングスタイルの朝食を済ませ、9時に部屋を出発。
今日はクレムリンと赤の広場がメインだ。

ホテル内にある「パスポートセンター」でパスポートと滞在登録を返してもらおうとしたら、

「まだ用意できてない」

との返事だった。

うえー、出かけられない。

「いつできるの??」
と聞くと、
「本来なら3日かかるけど(これは本当)、たぶん10時にはできてるわ」
とのことだった。

仕方がないから、部屋に戻って、ロシアの幼児番組を見ながらふて寝。

窓からの眺めはなかなか
窓からみた風景

10時に訪れると、言葉通りパスポートが用意されていた。出国カード裏にハンコが押してあった(これが滞在登録証明らしい)。

ようやく出発。
初めからロシアのしきたりに振り回されている。

ホテルの目の前の地下鉄6号線の駅「ВДНХ(ヴェデンハー)」。
ここから地下鉄に乗ろうと、昨日ガイドさんからもらった5回券を自動改札機にかざしたら、

エラーで通してくれない。

人であふれかえる改札機前で立ち往生している私たちを見て、自動改札の番をしているおばちゃんがすぐやってきた。
おばちゃんも何度もカードをかざしてみるが、エラーの連続。昨日もらったばかりだ、と訴えるが、英語は全く通じない。

仕方ないから、切符売場の長い行列に参加することに。
窓口のおばちゃんも英語がしゃべれないのは容易に予想できたので、

私と母を交互に指さしながら、
「ПЯТЬ(ピャーチ・ロシア語で5)、ПЯТЬ」
というと、おばちゃんはうなずいて、5回券を2枚発行してくれた。

エスカレーターで地中深くに造られたホームへ向う。
ものすごく速く、ものすごく長いため、動く手すりを離すことができない。
ホームでは、駅名、方面、出口案内、全てキリル文字で英語表記は一切なし。
勝手がわからないため、何度か電車を見送り、ようやく乗車。

1回の乗り換えを経て、「БИБЛИОТЕКА ИМЕНИ ЛЕНИНА(ビブリオチェーカ・イーメニ・レーニナ)」という長ったらしい駅で下車。
しばらく歩くとクレムリン入口であるトロイツカヤ塔が現れた。

トロイツカヤ塔

チケット売り場で300ルーブル(1P=4.5円程度かな)のチケットを購入し、入口を抜けた。

9月終わりのロシアの方の格好 朝は10℃を下回るため、ジャケットは欠かせない
9月終わりの格好
スポンサーサイト
2008.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/145-3b13cdd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。