上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
およそ1時間遅れでホーチミンからアンコールワットのあるシェムリアップに到着。
既に20時を過ぎていた。

あらかじめ取ってあったビザつきのパスポートを見せて、無事入国。

シェムリアップ空港は、荷物受け取りロビーからして、これから先に待っている素晴らしい出来事を想像させるような造りになっている。

空港の像


これらの像の他、アンコールワットを思わせる壁画などが空港から外に出る通路の壁一面に飾られていた。

外に出ると契約したツアーの現地ガイドさんがお出迎え。
一緒になったグループメンバーと軽く挨拶して、ワゴン車に乗り込みシェムリアップ市内へ。

21時頃に遅めに夕食(この日は中華で、内容はイマイチだった)を取り、ホテルに到着。


「明日はアンコールワットから昇る朝日を見るので、

4時40分に集合です!

というガイドさんの屈託ない笑顔に、これから果たして体力が持つかどうか不安になるのでした。

空港内は世界遺産を意識した飾りでいっぱい
空港の装飾

スポンサーサイト
2006.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/14-565e48e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。