上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
そんなわけで、現在ロシア語に挑戦中。

私のiPodには、新たに「今すぐ話せる ロシア語 入門編」というCDがインポートされた。
(もちろん今すぐ話せるわけはないが)

日本人観光客「ゆう子さん」とロシア人男性「ヴァロージャ」が、”こんにちは”から会話をスタートする。
ややテンション高めで、まあまあ気に入って聞いている。

今は「ごめんなさい(イズヴィニーチェ)」と道が混んでて遅れたゆう子さんが、ヴァロージャにロシア語で謝るレッスンを聞いている。
難しくて、なかなかレッスンは進んでいかない。


ところで私のiPodには、最近気に入ってよく聞いている「Monkey Majik」などのジャパニーズ(?)ポップ系の歌のほか、去年通っていた英会話学校のCD、去年よく行った中国の会話集がすでに入っている。

さらに、医者のたしなみとして、「聴診トレーニング呼吸音編」という、ひたすら聴診器から聞こえる呼吸音を収録したCDもインポート済みだ。

ちなみに、このCD、どんなものかというと、
「気管支喘息例の高音性連続音(ヒューヒュー)」
「心不全例の細かい断続音」
など、そんな細かく聞き分けたことないような呼吸音が詰まっている。

なんか聞いてて暗くなることが多いので、気が向いたときに聞くようにしている。


iPodには「シャッフル機能」という、インポートされた曲をランダムに再生する機能がついている。これを使うと、

喘息の呼吸音の後に、ロシア語のハイテンション会話、モンキーマジックのバラード

というセンスの悪い選曲を平気でしてくる。

最初は「うわー、気色悪い」と思ったものの、最近はなかなか気に入ってきて、iPodからの挑戦に対抗している。
あと1か月、ロシア語にどこまで抵抗できるか・・・ちょっと楽しみ。
スポンサーサイト
2008.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/139-19345ef8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。