上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
青蔵鉄道はほ予定通りにチベット高原を走りぬけ、西寧に到着した。

列車からスーツケースを引きずりおろし、構内を歩く。
もう息切れはしない。
ふと、去ってしまったラサが懐かしくなる。

改札を出ると、西寧の現地ガイドさんが出迎えてくれた。

西寧駅 立派
西寧駅


ちょうどお昼前なので、車に乗り込みまず昼食へ。

西寧は青海省の省都であり、チベット族も住んでいる地域。
もちろん漢民族が一番多いのだが、回教徒(イスラム教徒)も多く住む地域である。
実際、街中を歩いていると、回教徒と一目でわかる白い帽子を被った人を多くみかけた。

そんな理由もあり、昼食はイスラム料理店だった。

蒸しパンみたい 味は淡白
イスラム料理

羊の骨付き肉とコンニャクっぽいものの辛いやつ まあまあおいしい
イスラム料理2


本当のイスラム料理を食べたことないのだが、たぶんこれは中国風にアレンジされてるんだろう。

麺料理
麺


私はこの麺がお気に入りだった。味は薄い塩味かな。
だが、鉄道の長旅の疲れか、あまり食欲が出ない。
父はもくもくと結構食べていた。

ウェイトレスさんもイスラム教徒の方なのか、頭に巻物を被っていてかわいらしかった。

ホテルに荷物を置きに行く前に、ちょっと街中をブラブラ。

西寧街中


やはりラサよりは都会なようだ。
高度は2000m台であり、乾燥する気候はラサと同じく。
でも、空気の薄さはまったく違うだろう。
ラサは直射日光が強く、日中は寒さを感じなかったが、西寧は日差しが弱い分なんだかちょっと肌寒い気がした。


このチベット旅行は明日で終わり。
6日目に差し掛かり、旅の疲れからか集中力が欠けてきた。
・・・よって、西寧の街を実はあまり覚えていない。
毎日書き留めていた日記もこの日西寧駅に到着した時で終了してしまった。

西寧を案内してくれるガイドさんは中年男性。おだやかなまじめな方だった。
色は黒く、チベット族でも漢民族でもなく、土族だとのことであった。
彼が話す日本語は助詞などが微妙であり、ややわかりにくかった。
やはり、7年間の日本留学経験のある成都から同行しているガイド君が日本語はダントツ上手だった。


ホテルに荷物を置き、私たちは西寧で有名なチベット仏教のお寺である「塔尓(タール)寺」へ向かった。
スポンサーサイト
2008.01.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/126-2a7c8285

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。