上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ツォナ湖


下りの青蔵鉄道では左手に見ることができる「ツォナ湖」。
淡水湖であり、この青蔵鉄道の旅の目玉の一つである。
この湖を意識して、湖岸ぎりぎりに線路が敷かれている。

今日は雲が多いため、湖の青さはやや落ちていたものの、やはり美しい。
風も強いらしく、湖面に波が立っているのが見える。

ツォナ湖が近い


線路が本当に湖岸に近いため、湖の上を走っているかのよう。

そうそう、慌てて寝台中段で寝入っているガイド君を起こす。
眠りこけててなかなか起きてくれない。

車内に中国語と英語の解説アナウンスが入る。
みんな写真を撮ったりして大騒ぎだ。
青蔵鉄道では、要所要所で解説アナウンスが入り、また車掌さんが回ってきて解説してくれたり(中国語わかんないけど)、サービス精神旺盛だ。中国にしては珍しい気がする。

湖岸にはヤクの群れも
ヤクと共に


雲に切れ間が出てきた
晴れ間も


ツォナ湖畔には、ちゃんと「錯那湖駅」という駅が存在する。
しかし、あっという間に通り過ぎてしまった。

窓が開かないため映り込みが・・・
窓から見た湖


ツォナ湖さようなら
ツォナ湖さようなら


この後、鉄道世界最高地点へ向けて、列車はどんどん高地に登り詰めていく。
スポンサーサイト
2008.01.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/122-d83a572c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。