上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日アンコールワットから帰ってまいりました。

想像以上に体力のいる旅でした。

しかし、それ以上に得るものは大きく、感動は言葉では言い表せないもんです。


私は母と行ってきましたが、実際同じようなツアーでバス移動した人は断然若者が多い!
私の年齢はさておき、大学生グループがかなり多いようでした。
母と同じような、あるいはそれより上の年齢層のグループも見かけましたが、どちらかというと添乗員べったりのツアーで無理をしないスケジュールのように見えました。

30度半ばの蒸し暑い炎天下の中、ペットボトルやガイドブック、レインコートなど入ったかばんを肩から提げて、急な勾配の遺跡の階段を昇り降りするのは、結構きつい!
アンコールワットから昇る朝日を見ようと思ったら4時起きだし。
母は途中でダウンしました。
私も平気なつもりでしたが、帰国した昨日は寝たきり状態。
今日は早速当直で、妙になまった身体にリハビリします。

旅行記は少しずつアップしていきます。

聖池に映るアンコールワット
聖池に映るアンコールワット

スポンサーサイト
2006.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/12-5df7cc0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。