上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
きのこ丼を食べた後、いよいよポタラ宮に向かう。

1日に入れる人数には制限があり、ラサ専属ガイドさんは「1日に2300人まで」と言っていた(ガイドブックには2600人と書いていた)。
よって、入れるガイドにも制限があるようで、ラサのガイド証明書を持ったガイドしか入ることができない。よって、成都からついてきたガイド君は外で待機となった。

入り口は右手奥にある
いよいよポタラ宮へ


右手奥にある入り口(時期によって入り口は違うようだ)でガイドさんは入場券と私たちのパスポートを見せ、いよいよ中に入る。
中に入ると、まず宮殿前の庭が広がっていた。

直射日光がまぶしいので帽子が欠かせない
ポタラ宮の庭

ここでは、チベットの人々が花の世話やポタラ宮の修繕を行っていた。

ここを通り過ぎると、いよいよポタラ宮を登る階段が見えてくる。

ポタラ宮に近づく


2回目の検札の後、いよいよ階段がスタートした。

最初の階段


「焦らずゆっくり登らないと、苦しくなりますよ~」
とガイドさんが注意する。

外階段終了


まあ、普通に登って特に問題なかった。
ここまでで約170段あるらしい。
でも、到着後へたりこんでしまう人もちらほらいた。

なんだ、意外と平気やん。
階段を私より早く登り終えた父も何ともなさそうだ。

更に、ここでガイドさんはチケットを購入。

中のチケット売り場


普通の入場者は確実にここを通るのに、わざわざまたチケットを買うのね・・・。
何度もお金を取られるんだなあ、と思った。

更に階段をあと70段ほど登ると、広場に出る。

白宮


白宮前の広場


この長屋のような建物の右端に、実はトイレがある。

勤務先の看護師さんに10年ほど前にラサを訪れた方が2人いて、

「ポタラ宮の上にあるトイレはすごい」

と言われた。必ず行って来い、と。

ガイドさんも、ニコニコしながらトイレを勧めてくれた。
もちろん、トライする。

女性トイレしかわからないが、ひとつの部屋の中に、胸くらいまでの高さの仕切りが一枚。仕切りの向こうで用を足している人が辛うじて顔が隠れる程度だ。
んで、仕切りの手前・奥それぞれに長細い穴が2つずつ開いている。

2つずつ、ということは、誰かと並んで用を足すしかない、ということ・・・。

これが、うわさの
「ニーハオトイレ」!

穴の下をふと見ると、穴の底まで見えない。途方もなく下まで吹き抜けていた。一体何メートルの高さに作ってあるのかわからない。

想像どおりやはり汚かった。

しかし、このトイレ、観光客にはかなり人気の様子で(ある意味エキゾチック)、欧米の女性がキャッキャ言いながら出入りしていた。
スポンサーサイト
2007.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/113-1ef1fd85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。