上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月19日 中国国際航空にて関空よりまず上海へ。
ものすごく長い待ち時間の後、夜遅く成都に到着。

成都で出迎えてくれたのが、今回のガイド君。自分より若く見えたが「年上」らしいので、33歳くらいか。
ラサから西寧までお供してくれる、日本に7年もいた日本語ペラペラの感じのよい青年だった。
しかし、ノリはやや軽め。


翌早朝5時50分にロビーに集合し、7時50分、いよいよラサ行きの飛行機は出発した。

ラサ行き飛行機


成都発ラサ行きの飛行機は、実はものすごく頻繁に出ており、ちょっと調べただけでも10本近く飛んでいる。私が乗った飛行機も意外と大きく、しかも満員だった。
仕事関係の方も乗っているのだろうが、ラサへ観光に行く中国人もとても増えているらしい。

「左側の窓から素晴らしい景色が見られるので、左側の席を取りました!」

というガイド君の粋な計らいにより、私たちは左サイドへ。

まもなくして、左側に雲の上の風景が広がり始めた。

クリックすると拡大します
雲から出た山

山々


雲の上に飛び出るほど高い山々が連なっている。私にとっては初めて見る光景だった。

雲海


いや、私だけでなく、乗客に大半は初めて見る光景だったようで、機内通路は席を立って写真を撮る人々でごったがえしていた。

立ち上がる人々


1時間ちょっとで、飛行機は着陸するために徐々に高度を下げ始めた。
すると、大きな川とその中に取り残された島が見えてきた。その島の少し上を旋回しながら空港へ向かう。

ヤルツァンポ川上空


ヤルツァンポ川


1時間半ほどの飛行の後、いよいよラサ近くのゴンカル空港へ到着した。

いよいよ到着
ゴンカル空港

スポンサーサイト
2007.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/105-4d8db112

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。