上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
六和塔を後にし、次に向かったのは
霊隠寺

霊隠寺の門


杭州ではかなり有名なお寺だとのことで、中は中国人団体観光客でいっぱい。

ここは、岩山に掘られた仏像と普通のお寺の2つに分かれている。

まず岩山の方へ。

飛来峰


この岩山は、「飛来峰」という。
インドの偉いお坊様『慧理(けいり)』が

「この山は天竺から飛んできた山だ」

と言ったため、こう呼ばれるようになったそうだ。

この山は石灰岩で出来ており、なんと340もの磨崖仏が彫られている。
見ていてなんだか楽しくなります。

中央は私ではありません たぶん中国の観光客
飛来峰の磨崖仏

見ている人を幸せにしてくれそうな笑顔の布袋様は大人気
布袋様


その後、寺の方へ移動。

まず最初の天王殿を覗くと、韋駄天が出迎えてくれる。

おなじみの韋駄天


神聖な寺院であるため写真は撮れなかったが、更にこの殿内後方四隅には、四天王像と弥勒菩薩像がある。

・・・上海の龍華寺とそっくりだ(まばゆい龍華寺~上海一人旅8~)。まあ、お寺の意味合いを考えたら当たり前か。
あまりに背格好・色使いがそっくりなため、

「まあ、今回は写真撮れなくてもいいや」

とすら思ってしまった。


天王殿から振り返ると、大きな大雄宝殿。

大雄宝殿


かなり大きな建物だが、ガイド君曰く

「天安門広場にも大きな建物があるでしょう。あの建物とこの大雄宝殿、ほんの1メートルほどですが、大雄宝殿が低いんです。
天安門広場より大きくしてはダメだったようですね

と興味深いことを言っていた。
個人旅行も楽しいが、こんなプチ情報がゲットできるガイド君説明つきの観光も楽しくてやめられない。

中には奈良の大仏をも凌ぐ、高さ19.6mの金色釈迦如来像が!

・・・しかし、中は写真が撮れなかっため、お伝えするのみとなります・・・。

小額の心づけで、こんなありがたい(?)はんこが押してもらえる
はんこ


更に寺の奥へ進んでいく。

スポンサーサイト
2007.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yumitz.blog48.fc2.com/tb.php/100-2a3d3c6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。