上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2011年8月21日 起きると快晴だった。

今日はガイドさんの案内の下、メキシコシティ日帰りツアー。
参加者は私達だけだ。

8時半にガイドさんが運転手さんと共に車でホテルに到着。
(ホテルの詳細はまた後日)
まず、グアダルーペ寺院を目指す。

A:ホテル
B:グアダルーペ寺院

大きな地図で見る


車で30分もしないうちに到着。

門の周囲には多くの人が集まり、屋台も多く出ている。
お祭りのようにも見えるが、いつもこんな感じだという。
門から入るとまず新しい方の寺院が目に入る。

グアダルーペ寺院新しい方

すぐ向かい側には古いグアダルーペ寺院が建っている。

グアダルーペ寺院古い方

ただ、この聖地の始まりは更に奥の丘の上にある小さな教会のようだ。

丘の上に小さく教会が見える
丘の上の古い教会


このグアダルーペ寺院はあまりガイドブックには詳しく書かれていないが、
メキシコ国民にとって非常に大事な寺院である。

世界には聖母マリアが蘇って現れた伝説が数多くあるが、その中でもこの
寺院は、ローマ法王にも認められた数少ない場所のうちの一つらしい。
なかでも、褐色の肌をしたマリア様が現れた非常に珍しい場所とのこと。

1531年、先住民でクリスチャンとなったファン・ディエゴが丘の上で聖母マリア
に会った。聖母マリアはこの丘に教会を作るように告げた。
ファン・ディエゴはそのことを司祭へ伝えたが、全く信じてもらえない。
丘で何度か聖母マリアに会い、そのことを司祭に伝えるも、やはり信じて
もらえない。

12月25日、ファン・ディエゴは再び丘の上で聖母マリアに遭遇。
聖母マリアは、

「丘の上にバラの花が咲いている。それが証拠になるので、摘んで司祭へ
届けなさい」

と伝えた。
ファン・ディエゴが言うとおりに行ってみると、確かに冬寒いのになぜか
季節外れにバラが咲いていた。摘んだバラを自分の黒いマントに包み、
司祭のところで開けたところ、バラの花がパッとこぼれ、マントの上に
聖母マリアの像が現れたのだった!
司祭はこれまでの事を信じ、丘の上に教会を築いたのだった。


まず、新しい方の教会は向かう。
この教会のメインは、もちろん聖母マリアである。
入り口から入ると、通路にマリア像が飾られている。


グアダルーペの聖母マリア遠景

グアダルーペのマリア像アップ

通路から見上げて写真を撮るのだが、通路はいわゆる「動く歩道」状態
なので、なかなかブレてうまく上手く撮れない。
このマリア像は、マント上に浮かび上がったマリア像をモチーフにしているとのこと。

更に進むと、ものすごく大きな空間に出た。

グアダルーペ寺院新館内部

内部には2万人収容できるとのことであり、マイクでミサが行われていた。
すごく大きい。
日曜日は一日中ミサが行われているらしい。
一日中ミサが行われるのに、ずーっと満員だった。

祭壇には、例のマリア像が浮き出たマントが掲げられている。

マントのマリア像


次々と人々が集まってくる。
今日は普通の日曜日なのに、祭りのよう。
ある人々は、下のようにひざまずいて寺院へ向かう。

ひざまづいて向かう人々

「信仰をあらわしているのだと思います。チベットの五体投地などのような、
苦労をしてお祈りの向かうような感じでしょうか。」
とガイドさんは言った。

このような花飾りを自分たちで用意して、気合を入れて集まる
人々もいる。

花飾りを持参する人々

皆が熱心にお祈りに来る姿を見て感動を覚えた。
メキシコの人々の信仰心は非常に強い熱いもののようだった。

すがすがしい気持ちになり、次の地へ向かった。


古い方のグアダルーペ寺院 逆光でわかりにくいが、1985年のメキシコ地震の時に前のめりに傾いてしまった
傾いたグアダルーペ寺院


スポンサーサイト
2011.10.29 / Top↑
現地時間18時過ぎ 無事メキシコシティの空港へ着陸した。

首都メキシコシティの玄関口、ベニート・フアレス国際空港は
結構きれいな空港だった。

荷物もスムースに出てきて、いい感じ!

スーツケースを引いて颯爽と出口へ行こうとしたら、係員に
呼び止められた。

どうやら、出口の手前にあるカウンターのボタンを押せ、と言っている。
周りを見ると、確かに皆ボタンを押しているようだ。

ボタンを押すと、カウンターにあるボードが赤く光った。

その瞬間、係員が駆け寄ってきて、スーツケースを全部開けろ、と言ってきた。

ハズレ

元々メキシコシティでは入国前に荷物を全員チェックされていたらしい。
でも、時間もかかって非常に不評。
平等に効率よく、しかしセキュリティには配慮したい・・・。

そんな中考えだされたのが、このボタン。
ボタンを押すとランダムに赤・緑どちらかに光るようになっている。
緑になると、ノーチェックで見事入国。
しかし、赤になると、スーツケース隅々まで掘り返される。
すなわち、赤はハズレのボタンというわけだ。

出口まで数歩のところで、テーブルの上で荷物を開けられ、ポーチの中まで
くまなく見られてしまった。

せっかくいい調子だったのに、入国直前でやや疲れが出てしまった。

荷物内にもちろんアヤシイものは無く、ようやく出口を出ると、
日に焼けたお兄さんが私たちを待っていた。

今回メキシコシティでお世話になるガイドさんだ。
いつもは日本語を話される現地人ガイドさ多いのだが、今回はなんと日本人。
慣れない土地、しかも英語が通じにくい土地では非常に頼りになる。

車でメキシコシティ中心部にあるホテルへ向かう。
日没は20時頃、とのことであり、まだまだ外は明るい。
気温は20℃前後と日本より低めだった。
湿度はやや乾燥した状態に思えたが、ガイドさんいわく
「昨日雨が降ったから、いつもより湿度が高め」とのこと。
高地であり、すぐに乾燥して顔がパリパリになってしまうらしい。
乾燥で喉を痛めないよう注意するように言われた。

空港から車で30分程度でレフォルマ通りという繁華街にあるホテルに到着。
早めに休んで明日に備えた。


レフォルマ通りは結構都会的 整然とした街並み
レフォルマ通りは都会的
2011.10.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。