上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ルーマニア最終日、とはいえ、あまりブカレストで見たいものがなく、
私はフロントにタクシーを呼んでもらい、まず中心部近くにある
農民博物館へ向かった。

ホテルで呼んでもらったタクシーだけど、やはり市内観光を
持ちかけられた。
もう観光し終わってるから、と断ると、それほどしつこく
言ってこなかった。

金曜日だったからかかなり道は混んでいたが、特に遠回りされることもなく
無事農民博物館前で下ろしてもらえた。

農民博物館

中はかなりきれい。かなり広く、中には農民の生活用品や服など
が美しく展示されていた。

ルーマニアといえば、やはり民族衣装がかわいらしい。
凝った手刺繍の服がたくさん展示されていた。
普通の地味な博物館を想像していたが、中のものはかなり
きっちり展示されており、ボリュームもある。
結構満足だった。

中には日本人グループがチラホラ見られた。
ツアーというよりは、個人旅行かもしれない。

その後、徒歩で行けると言われた国立農村博物館へ。
2kmくらいだから、タクシーはいらない、と言われたが・・・。

キセレフ通りをひたすらまっすぐ

まっすぐな大通りだが、結構遠い・・・。

炎天下の中しばらく歩くと、凱旋門が見えてきた。

ブカレストの凱旋門
ブカレストの凱旋門再び

行きのタクシーからも見えた凱旋門だ。

凱旋門というと、やはりパリ。
パリの凱旋門は中心部に位置し、両脇にはブランド店
が立ち並ぶ非常に楽しいところ。

しかし、こちらの凱旋門は繁華街からかなり離れている。
人気はあまりなく、車が周囲を行き来している。
第一次世界大戦の勝利を記念して、1919年に建てられた
ものらしい。

凱旋門を横から


なんか寂しい・・・。

この凱旋門を越えると、ようやく農村博物館の入り口に辿りつけた。


農村博物館は、野外博物館。
ルーマニアの伝統家屋が一所に集められている。
これが、非常に大規模。ここに来ればだいたいの家が見られる。
田舎へ行ってきた身としては、復習のように思えてくる。
博物館のためにレプリカを作ったのではなく、移築されたものだった
と思う。

さあ、行くぞ、と歩き始めると、何やら向こうから英国風のおしゃれな
おばあちゃんが嬉しそうにこちらへ向かってくる。

ああ、日本人が珍しいからかな?
それとも日本人女性に何か思い出でもあるのかもしれない。
こちらもおしゃべりする心構えでにっこり微笑む。

間近まで寄ってきて、おばあちゃんが口を開くが、
思いがけない一言が。

「アーユー フローム タイランド??」

へっ!それは初めて言われた!!

予想外の発言に、思わず日本語で
「えっ、違う」
と返してしまった。

タイ人ではない私には全く興味が無いらしく、おばあちゃんは
そそくさと立ち去ってしまった。


気を取り直して観光を始める。

マラムレシュで見た、木造の立派な門も
立派な門がここにも

ルーマニア南部の田舎にあったらしい、珍しい半地下住居
半地下住居

水車もある
水車もある

懐かしのわらの山もある
藁山もある

マラムレシュの木造教会まである
マラムレシュの木造教会もある

かなり落ち着いた素敵なところで、観光客・家族連れ、
それぞれがだらだら過ごしていた。

あるかわいい木造家屋の前では、これまた結婚式のアルバム
用と思われる写真撮影が行われていた。

敷地は非常に広く、更に奥にも建物が並んでいたけど、
夜明け前から起き出した私はもう疲れていた。

これでよし、として、見学を終了した。
ホテルへ帰ろう。

また、悪名高きタクシーに乗らなければならない・・・。

スポンサーサイト
2011.02.13 / Top↑
ジャパニーズ?の声で振り返ると、
パイロットの服を着たおじさんが立っていた。

パイロットの様子。
制服の胸にはルーマニアのフラッグ・キャリア、タロム航空の
マークが入ったバッジが。

「どこから来たんだい?」

「大阪です。」

「そうか!大阪、知ってるよ~。」

「日本には有名なエアラインがあるよね、ANA!」

などと日本についてやや詳しいようだ。
思わず気が緩む。


こういう時、ついつい陥りがちなのは

詐欺!!

外国人、パイロット、これらのキーワードで、とかく
日本人の冷静さを失いがち。
しかも制服だし!

しかし、同僚と2人で仕事の後とのこと。
一応、タロム航空のパイロットのようだが・・・。

「ところでどこへ行こうとしてるの?」

「予約してるホテルまでタクシーで行こうと思って、
タクシー乗り場に向かってるんだよ。」

「うーん、空港のタクシーは評判が良くないんだよ・・・。
そうだ、私はもう帰りだから、

ホテルまで車で送ってあげようか。」


うーん、どうしたものか・・・。
タクシーはボラれるだけで、一応行き先まではなんとか送って
くれるハズ。
しかし、このパイロットかもしれない人は、乗ったが最後かも
しれない。
本当にこの人ははパイロットなんだろうか・・・。

うーんと言っている間に、その男性は

「今からスタッフオフィスでほんのちょっと仕事の片付けをして
戻ってくるから。」

と言って、2階にあるオフィスへトントンと駆け上がってしまった。


10分後、彼は降りてきた。
車は駐車場にあるとのこと。
タロム航空のスタッフであることは本当のようだ。
考えた末、ホテルはすぐ近くなので、そこまでお願いすることにした。

歩きながら話す。
名刺をもらったが、こちらも本物のようだ。
タロム航空の国際線のキャプテンであり、来年ANAに雇われ日本に来る
予定があるとのこと。
アライアンスが違うのに??
そういうもんなんだろうか。

更に、プライベートな名刺も・・・とくれたのは、
自分で経営しているプライベートジェットの名刺。
豪華なジェットで恐らく会社の社長などが出張に使うんだろう。
こんな経営もできるんだ、パイロットって。ちょっとびっくりした。

駐車場でセダン車に乗りこむ。
ホテルまでは実は車で10分程度の空港そばであり、無事送り届けて
もらった。

降りるときには、やはりタクシー同様「ブカレストの町を案内するよ」。
かなり重ね重ね提案されたが、丁重にお断りしてお引き取りいただいた。


ホテルにチェックインして一息。
明日は早朝の便でついにルーマニアを発つ。
そのため、空港そばでシャトルバスを出してくれるホテルを予約した。

コンフォートホテル
ホテルコンフォート部屋

こじんまりとしたホテルだが、窓を開けると

コンフォートホテル室内2

オトペニ空港のタロム航空

道路の向こう側に空港が見える。
しかも、滑走路に近く、カメラの望遠でどこの飛行機が飛ぶのか
すぐに分かる。
これは暇つぶしに最適!


しかし、まだまだ朝なので、まず出かけることにした。
2011.02.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。