上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
車の旅は本当に長かった・・・。
我々は、本日最後の観光地、サプンツァへ向かった。


大きな地図で見る

本日の宿泊地であるシゲット・マルマツィエイを通り越して車で30分
くらいだったと思う。
地図で見ると、サプンツァの上に国境が。
この線を越えるとウクライナに入る。

車で走っていると、国境方面に山が見え、そこに家がみえた。
ガイドさん曰く、「あれはウクライナの家だよ」とのこと。
国境をこのような形で見たことはなかったため、驚いた。

サプンツァには、

陽気な墓

という、有名な観光スポットがある。
今回ここを訪れるのを非常に楽しみにしていた。

ようやく到着。
ドキドキしながら入り口に近寄る。

陽気な墓入り口

一面、ブルーの墓標が立ち並んでいる。
墓標には彫刻で何やら絵が描かれている。

トラクターの運転手

通常、墓標には生前の職業や亡くなった原因などが刻まれている。
この方の場合、恐らく農業をされていたか、その機械の運転手だったんだろう。
絵の下には、その解説が記されているようだ。


バイオリン弾き

これは結婚式などで活躍したバイオリン弾きだったと思う。


交通事故の少女

これは、なかなかシュールな墓標だが・・・。
一目でわかる死亡原因・・・。
「1995~1998」なので、3歳で交通事故で亡くなったのだろう。


酒飲みの墓標

これはガイドさんが説明してくれた。
左端の男性がこの墓の主だ。
パーティー三昧で、酒を浴びるほど飲んでいたらしい。
両側の上部に天使がいるが、その天使も酒を飲んでいる!
右端には3人女性の顔がある。すなわち、愛人が3人いたとのこと。

これだけやりたい放題していたのに、70歳くらいまで長生きしたらしい。
案外人生なんてそんなもんなのかもしれません。


花が咲き乱れる墓

墓標の前には花が咲き乱れ、寂しさは感じられない。
自動車の絵が描かれている墓標があることからもわかるように、
この墓は現在も増えている。
この地域の人が亡くなると、皆ここに墓を作るようだ。

ガイドさんによると、亡くなると遺族が相談し墓標の絵を考えるらしい。
人が亡くなったにも関わらず、このようなユーモアあふれる墓標を皆で
考えられるという習慣。
これを考えられるということは、その人の死を遺族がきっちり受け入れ、
その人の生き様を語れるくらいに心が平静になったということだと思う。

どの程度時間をおいて墓標のデザインを考えるのか、どのくらいの期間
で墓標が出来上がるのかわからないが、このような習慣を非常に興味深く
思った。

観光客にまぎれて、地元の人がお墓参りに来られているのを見た。
こちらは日本同様に墓周りをきれいにされていた。
その横で観光客はにぎやかに記念撮影(私もだけど)。
なんだか不思議な光景だった。

写真をたくさん撮って、シゲット・マルマツィエイへ戻った。
スポンサーサイト
2010.12.25 / Top↑
Bogdan Vodaの教会から車で約1時間、バルサナ教会に到着した。


バルサナ教会

この教会ももちろん、釘は使用していない。

バルサナ教会の祭壇

中は比較的きれいに整備された祭壇があり、観光客がひっきりなし
に出入りしている。
さすが世界遺産
先程の教会と異なり、人が多い。


この敷地内には教会以外に修道士の家などが似たような建築様式で建てられて
おり、公園のようになっている。

バルサナ教会全景

花にあふれた道

花がたくさん
確か修道士の家だったと思う
修道士の家?

花にあふれている きれい

私は右の塔(水飲み場だったように思う)がかわいくて気に入っている。
塔が並ぶ

小さな子供たちがたくさん訪れており、ピクニックに持ってこいの場所
なんだと思う。
周りは花が咲き乱れ、本当にこここそ天国のような場所だと
しみじみ思った。

美しい花がたくさん

ガイドさんも、ここで初めて奥さんとの写真を願い出てきた。
ガイドさんにとっても、この場所はとっておきの所のようだ。

ぶらぶら花のあいだを歩きまわり、非常に心が満たされ幸せな
気持ちになった。


この後は、有名な墓を訪れる。
2010.12.23 / Top↑
マラムレシュ地方は曇ったり晴れたりの微妙な天気。
山道に入り、道がでこぼこし始めた。
ガイドさんは、慎重に車を運転してくれる。

山道に入る2

山道に入る3

民家もぐっと減り、本当に登ったり下ったりの山道。
しかし、ガイドさんの慎重な運転のおかげか、意外と体調は悪くない。

この付近は谷であり、イザ川という川が流れている。
この谷は霧が出やすく天気が変わりやすいようだ。

谷が見える
谷
羊の群れが見える
羊の群れ


道路脇に草木が生い茂る山道を抜けると、民家が少しずつ見えてきた。
スチャバの民家とは趣が異なる。
まず、立派な門がついている家が目立つようになってきた。

立派な門構え

これは民家ではないが、このような立派な門構えがこの辺りでは多いようだ。


マラムレシュ地方、実はここにも世界遺産が存在する。

マラムレシュの木造教会群

これらを見ることが、この地方までわざわざやってきた目的だ。

まず、Bogdan Vodaにある木造教会に到着した。

Bogdan Vodaの教会


厳密には、これは世界遺産には登録されていない。
しかし、登録されている教会と同様、ゴシック様式の木造教会。
17世紀頃に作られたものだ。

世界遺産に含まれていないからか、観光客は私たちだけ。
非常に静か。
しかも天気はかなり悪くなってきていて、辺りは昼間なのに暗い。

Bogdan Vodaの教会上半分

Bogdan Vodaの教会下半分

下の方をよく見ると、なんだか日本の神社にも見えなくない。
なんだかシンプルで和風に思えてくる。

実際、私たちの数日前に来たオーストラリア人観光客は、この教会を
見たときに、

「Oh~!ジャパニーズスターイル!!」

とのたまったそうな。

近寄ってみる。

下から見上げてみる

屋根はさすがに日本風の瓦ではなく、細かな木片が重なっている。
整然としていて、非常に美しい。
この教会は、釘を一切使わず木のみで組み立てられている。

ガイドさんがおじさんを一人連れてきた。
そのおじさんはこの教会の神父さんらしい。
神父さんが鍵を持っており、その鍵でようやく扉を開けてもらえる。

Vogdan Bodaの教会入口

中は真っ暗。しかし、懐中電灯で照らすと内壁には絵が描かれていた。
撮影はできなかったが、やはり聖書の出来事がかなり素朴なタッチで
描かれていた。

ちなみに神父さんは、新しく造られた隣の教会の神父さんであり、
こちらも一緒に管理しているらしい。

隣の新しい教会

非常に静かな町であり、教会の前の通りでは門の前でおばさんたちが
座って世間話をしていた。
非常に心地よい雰囲気の場所だ。

世間話をするおばさんたち

おばさんたちを後にして、世界遺産に含まれる教会へ向かった。

途中で立ち寄ったロザブレア教会
ロザブレア教会


2010.12.18 / Top↑
2010年9月15日(水)

7時ちょっと前にトランペットの音で目覚める。
教会の方からなのか、街全体に穏やかなトランペットの音が
響きわたっていた。
今日も快晴だ。
スチャバの教会


今日はスチャバのあるブコヴィナ地方からマラムレシュ地方という
ところへ、車で1日かけての大移動となる。


大きな地図で見る

A:スチャバ→B:シゲット・マルマツィエイというところまでは、
かなり大変な山道とのこと。単純距離では約300kmだが・・・。
私は朝から少し緊張していた。

今日は8時に出発。
昨日と同じ車がホテルにやってきたが、今日は後部座席にガイドさんの
奥さんが同乗していた。
やはり今日は泊まりの旅になるため、奥さんが一緒に行くとのこと。
英語がほとんど話せない奥様だが、にこやかに接してくださり落ち着いた。
(もちろん奥さんの食事代や入場料はガイドさん持ちだ)

道の途中までは昨日と同じ。
しかし、休日だった昨日とは異なり、皆仕事をしているとのことで、
馬車とすれ違う回数が多くなった。

馬車とすれ違う

道路を堂々と走る馬車を、車は器用に追い越していく。

山の中に入ってきた。
道はきれいなので、車の乗り心地は非常にいい。
朝は晴れていたが、遠くの山には霧がかかっている。
天気が変わりそうだ。

遠くの山に霧が
霧のかかる谷
霧のかかる谷


スチャバを出て2時間経つと、マラムレシュ県との境に差し掛かった。

ここには伝統的な家屋が立ち並んでいる。

マラムレシュの家1

マラムレシュの家2

そのうち、ある家の前で車は停まった。

おばあちゃんの家

ここに立ち寄るとのこと。
中からおばあちゃんが出迎えてくれた。

部屋に入ると、中を埋め尽くすルーマニアの伝統装飾品が!

おばあちゃんの部屋の中

これらは全部手作りで、おばあちゃんが時間をかけて今までに
作った作品のようだ。
おばあちゃんの写真は出せないが、90歳と高齢ながら非常に元気。
ガイドさんが連れてくる観光客に、ルーマニア語でしゃべり倒す。
勢いに圧倒される。

ここでは、観光客サービスとしてルーマニアの伝統衣装を着せてくれ、
写真を撮ってもらえる。
もちろん旅行会社からお金は少しは出るのだろうが、おばあちゃんは
これまでこの家を訪れた観光客との記念写真を見せてくれ、非常に
誇らしげで楽しそう。


隣の部屋も一面に装飾
おばあちゃんの部屋の中2

温かい歓迎に、非常に心がなごむ。

ガイドさん曰く、おばあちゃんはもうだいぶ前に旦那さんを亡くし、
子供もおられないため、ずっと一人で過ごしているようだ。
ルーマニアの静かな村で、毎日伝統工芸を作りながら過ごし、
時々訪れる観光客を楽しみに過ごしているおばあちゃんを思うと、
ちょっと切なくなった。


ほんの20分ほどの訪問だったが、とても思い出に残る時間を
過ごすことができた。

おばあちゃんは門まで私たちを見送ってくれた。
おばあちゃんを見つめながらこの地を後にした。

さようならおばあちゃん

2010.12.12 / Top↑
スチャバへ車で帰ってきた。
まだ明るいため、ホテルへは直接戻らずスチャバの丘の上にある
村落博物館にやってきた。
ここでガイドさんとは本日はお別れ。

入り口にはでっかいイースターエッグがある
村落博物館のたまご

村落博物館には、野外にブコヴィナ地方の伝統的な民家が復元されている。

入り口にはコスモスがいっぱい
村落博物館に入る

コスモスがきれい

かなり閑散としていて、広い敷地内に観光客は数えるほどであった。

かわいい家が道の両脇に並んでいる。
本当に住めそうな家だ。

古い民家

歩いていると、叫び声のような変な声が聞こえてきた。
近づくとこの家の中からだ。

泣き声の聞こえる家

扉から中に入ってみた。

儀式

当初何かよくわからなかったが、よくよく見てみると、ベッドに
人形が寝ていて、その周りで黒い服を着た人形が見下ろしている構図。

そう、人が亡くなったシーンなのだ。
そして近くのスピーカーからは、恐らく泣き声と思われる声が大音量で
流れてくる。

うーん、趣味が悪い・・・。

なんだか気分が悪くなり、その場を立ち去った。

その後もずっと古い民家が並んでいたが、人気もほとんどなく寂しい
限りだったので、途中で引き返してきた。


村落博物館の向かい側には、大城塞がある。

大城塞

これは、モルドヴァ公国初代の大公ペトゥル1世が1388年に築いた
城塞とのこと。
非常に古く、しかも頑丈そうだ。

大城塞は頑丈

大城塞のアーチ

ちょうど新婚さんらしきカップルが、ウエディングドレスとタキシード姿
で写真撮影を行っていた。
非常に美しい新婦さんだったため、雑誌のモデルさんかと思ったが、その後
も他の美しい場所で似たような写真撮影を目撃したため、恐らく記念写真
なんだと思う。
ウエディングドレスがしっくりくる、古い雰囲気のある城塞だった。

この丘からは徒歩で町まで戻れる、とガイドさんが言っていたので、
安請け合いしてこの場で解散したが、言われた通りに歩くとエラく
山道・階段の連続であり、途中からかなり不安になってきた。
比較的人通りはあるのだが、もし道を誤ったら・・・。

結局、iPhoneのGPSをオンにし、自分の位置を確認しながらなんとか無事に
ホテルに帰ることができた。

明日からいよいよマラムレシュ地方へ向かう。


2010.12.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。