上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2010年7月19日 昨日雨が降っていた西安市内は今日は快晴。

窓から街を見下ろすと、向かいにある広場では何やらアドバルーンを
上げてイベントの準備を始めている。

何やらイベント

何だろう、と思い、母が持ってきたオペラグラスで見てみると・・・

イベント拡大

西安市夏季病媒生物防御活動・・・」
と書いてある。
病気を媒介する生物を防ぐ??ゴキブリやネズミのことを言ってるんだろうか。
何のイベントかイマイチよくわからない。


今日は西安市城壁内の観光を予定。
まず、ホテルの真ん前にある「鐘楼」へ向かう。
鐘楼は大きな交差点の中心部に浮島のように建っている。

右がホテルの窓から見た朝の鐘楼 道路の真ん中に建っている
窓から見た朝の鐘楼

こんな大きな交差点だけど、信号は無かった気がする。
車はハイスピードで入り乱れ、非常に危ない。
よって、この交差点には地下道がぐるりと造られ、そこから鐘楼へ行ける。
英語名でBELL TOWER。観光地なので、英語で表記もあり助かる。

鐘楼と少し離れたところにある鼓楼との共通入場券を買う。40元。
地下から階段を上がり、鐘楼へ入る。

鐘楼の入り口
鐘楼の看板

鐘楼は明の時代1384年に建てられたとのことだが、昔はもうちょっと西側に
あったらしい。しかし、1582年に現在の場所に移されたようだ。
ここにある大きな鐘が、西安市民に時間を知らせていたようだ。

階段を上ると、鐘がある。

鐘楼の鐘

この鐘は、この場所に鐘楼が移った時からの設置である。
以前は唐代の景雲鐘というものが設置されていたが、この場所に鐘楼が
移った時に音が響かなくなってしまったらしい。
その響かなくなった鐘は、碑林博物館に保存されていた。

子供たちがきゃっきゃ言いながら鐘をついていた。

魚の形の鐘つき

それでは私も・・・と思って近づくと、見張りのおばちゃんに注意された。
3回10元らしい。
3回で150円はちょっとばかばかしい。ここを離れた。

鐘楼からは、四方へ広がる大通りが一望できる。

南大街の先には南門が見える
南大街の先には南門

西大街には右手に鼓楼、左手に西安鐘楼飯店が
西大街

中には鐘のたくさん並んだ楽器があり、1日何度か演奏されるらしい。

たくさん鐘の並んだ楽器

ちょうど訪れた時はその時間ではなく、聞くことはできなかった。

地下道を通って、先ほどイベント準備をしていた広場へ向かう。

人だかりの広場

さっき閑散としていた広場はものすごい人だかりになっている。
近寄ってみると、机があり上にちらしが。

「老鼠的危害及防御」
という見出しで、どうも鼠の病気の媒介や駆除法を教えるような内容のようだ。
他にも何枚か色違いで、様々な動物や昆虫についての内容のちらしが置いてあった。
ただ、人々はこちらのちらしはそっちのけで、段ボールの周囲に集中。
バーゲン会場のようだ。
どうも駆虫剤のようなものが無料で配られており、皆が先を競って奪い合っている。
近くのバス停では、10個以上ゲットしたおばちゃんたちがその数を自慢し合って
いた。

人々の群がるところには、無料の何かがある。
これは日本も一緒か。

広場を後にして歩き始めた。
スポンサーサイト
2010.07.31 / Top↑
遅れに遅れてようやく離陸した上海航空。
食事サービスも既に地上で済んでしまったため、もう
何もイベントは無い・・・。

と思ったら、離陸後に再び食事が配られた。
ドリンクサービスも続く。
食事は温かい焼きそばであり、こちらがメインのよう。
上海-西安間は約2時間であり、本来ならば食事は1回
しか無いはず。
恐らく大幅に遅れたため、再度調達されたのではないかと思う。

19時40分 ようやく飛行機は西安に到着した。

西安咸陽(シーアンシャンヤン)国際空港は、西安市内からは
約50kmの距離がある。
ガイドブックには、「市内までのリムジンバスは19時まで」と
書いてあったため、間に合うかどうか・・・。

比較的早く荷物をゲットでき、そのまま空港外へ出ると、リムジン
バスが待っていた。
「鐘楼(BELL TOWER)」行きという、市内中心部へ向かうバスに乗り込む。
一人25元。関空で一部両替していたため、そのまま払って乗り込んだ。

西安咸陽国際空港前は閑散としていた
西安空港前

空港付近は灯りが見えず非常に閑散としており、
「一体どんな場所へ連れて行かれるんだろう・・・」と不安になったが、
20分もすると、徐々に灯りが増えてきた。
外は暗くなっているが、やや霧がかかったように煙って見える。
黄砂の影響か。
大陸に来たな、という実感がわいてくる。

西安市内には、明代に造られた城壁により囲まれた地域がある。
その城壁内の中央にある鐘楼付近が一番の繁華街。
徐々に灯りが増え、非常に明るくにぎやかになってきた。
大通りには夜なのに人があふれ、皆楽しそうに過ごしている。
知らない間に城壁の門をくぐり、城壁内に入っていたようだ。

約1時間後、鐘楼からすぐのところにある「美倫酒店(MELODY HOTEL)」
の前にバスは到着した。

目の前にライトアップされた鐘楼がそびえたつ。
夜の鐘楼


今回の旅は個人旅行であるため、ホテルは空港アクセスが良く、街歩き
に便利な場所を口コミを元にネットで探し、
西安鐘楼飯店(BELL TOWER HOTEL)というところに決めた。

西安鐘楼飯店


ここは、美倫酒店から徒歩すぐ、鐘楼のど真ん前。
向かいにデパート、有名レストランがあり、徒歩圏内に観光スポットが
いくつもある。
4つ星ホテルだが、ホテル予約サイトアップルでツインルームが安く
予約できた。

このホテルには、道路に面して鐘楼を窓から眺められるビュールームと、
道路と反対側の部屋がある。
当初は安けりゃいいや、と思ったが、夜の鐘楼を見ると欲が出てきた。
チェックイン時にフロントにビュールームを申し出ると、追加料金も無しで
すぐにOKが出た。

ツインの部屋はなかなか居心地よく、バスルームもきれいにしてあった。

西安鐘楼飯店の部屋

肝心の窓からの眺めは?!

鐘楼は窓から身を乗り出してなんとかOK。
窓から見た鐘楼

少し離れたところにある、同じく名所「鼓楼」も窓から身を乗り出してOK。
窓から見た鼓楼

じゃあ、窓から真っ先に見える夜景は?


窓から見た徳発長

西安で有名な餃子店「徳発長」だった。
まあ、ライトアップされてるし、いいけど・・・。

本当に鐘楼のど真ん前の部屋を取るには、前もっての予約がいるのだと
思います。

2010.07.28 / Top↑
2010年7月18日 関空よりANAマイレージ利用の中国国際航空に乗り込む。
今回は母とともにマイレージ利用の節約旅行。

中国国際航空は中国へ行く際にはかなり乗っており、今回でもう9回目。
初めて乗った6年前の北京旅行の時より様々な面でサービスは向上して
きた気がする。
機内は中国人でいっぱいであり、そういえば免税店のところから既に中国
らしいにぎやかさにあふれていた。

予定より10分早い9:15分に飛行機は上海へ向けて離陸した。

中国国際航空に乗り込む


予定より10分程度早く、順調に上海浦東国際空港へ到着。

上海浦東国際航空は万博で盛り上がっている
上海万博海宝ちゃん

この後は上海航空に乗り換え西安へ向かう。

上海航空への乗り継ぎもスムースで、順調に上海航空の搭乗口へ到着した。

13時半の搭乗時間に20分遅れて13:50に搭乗口が開いた。
機材は3人かけが2列のそれほど大きくない飛行機。

14時
皆着席してシートベルトを締めた。
飛行機の扉につながれていたボーディングブリッジも取り外された。

しかし、そこから動かない。
まあ、空港が混んでいて何十分も待たされることはよくある話。
気長に構えていた。
離陸用に遮光窓は開けていたが、じりじりと直射日光が私の左腕に照りつけ
きたが、もうすぐ飛ぶから我慢我慢・・・。

14時半
機内アナウンスが入る。先に中国語、その後英語だ。
どうも、管制塔からの指示を待っている状態らしい。
まだ飛んでもいないのに機内食のサービスが始まった。
上海航空のCAさんは皆若くてかわいくて、一生懸命食事を配っている。
昼の軽食で、ハンバーガーとおつまみが配られた。

うーん、今から食事を配るということは、少なくともこれから30分はまだ
離陸する予定が立っていないってことだよなあ・・・。

複雑な思いで食事に手をつける。
周りは中国人ばかりだが、意外とおとなしく静かに食事をしている。
こういうことは日常茶飯事で慣れっこなんだろうか。

天井からはモニターが出てきて、映画の上映も始まった。
あまりに左手が暑いので遮光窓を閉めてしまった。

15時
食事は食べ終わって回収されてしまった。
皆、我慢している。
まだ管制塔からの指示待ちとのこと。
皆、携帯電話の電源を入れ、メールやら電話やらで遅れる旨を連絡し始めた。
ふと遮光窓を開けると、隣に待機していた飛行機はいなくなっている。
あっちは離陸したのか!一体原因は何?
炎天下で待ち続ける飛行機内では、エアコンの効きも悪く暑くなってきた。

16時
搭乗してから2時間が経った。映画も終わってしまった。
また機長からのアナウンスが入る。
中国語のアナウンスの時に、皆が大きくどよめき、英語アナウンスは
聞こえない。

ついに客はキレてしまった。

まだ飛ばない、という内容のことがアナウンスされたのだろう。
中国人の40代くらいの男性が男性CAと何やら口論をし始めた。
立ち上がる人も増え、その口論に参加している人もいる。
後ろの若い女の子はイライラが募ってきているのか、前の座席を蹴ったり
周りをたたいたりし始めた(めっちゃ迷惑!)

欧米人がCAさんに「外に出られないのか」と言った内容のことを聞いたが、
「一回乗ってしまっているので、それはかなわない」ということを話して
いた。

さすがに2時間缶詰めは厳しいよなあ・・・。
更に、この飛行機は西安の後銀川というところへ飛ぶことになっている。
更に他の飛行機に乗り継ぐ人もいると思われ、きっと大変なことだろう。

しかし、この後特に乗り継ぎもなく、ホテルに向かうだけなので、私には
急ぐ理由もなく、ボーッと皆の動きを眺めていた。
ただ、外に出られるともうちょっと楽だろうになあ・・・。
私も携帯電話の電源を入れ、日本とメール通信をしてやり過ごした。
母はこの騒ぎの中ずっと寝ていて、どれくらい待たされたかをあまり覚えて
ないらしい。

17時20分
機長からのアナウンス。
中国語でのアナウンスの段階で、皆またどよめいた。ただ、さっきまでの
どよめきに加え、やや安堵のようなものが伝わってきた。
そのせいでまた英語アナウンスは聞こえない。

しかし、この雰囲気はようやく飛ぶか??

と思っていたら、ゆっくり飛行機は後ろへ動き出した。

予定を3時間半と大幅に遅れ、飛行機はようやく西安へ向け離陸した。

上海浦東国際空港の国内線待合にはこのような彫刻?が
上海浦東国際空港の国内線
2010.07.25 / Top↑
本日西安から帰国しました。

楽しみにしていた兵馬俑、期待を裏切りませんでした。
行った甲斐がありました。
やはり本物を見ないとわからないことが多いですね。

しかし、西安、思ったより日本人が少なく、兵馬俑で数人見かけた以外は
日本人に遭遇しませんでした。
日本からの直行便が無くなったせいでしょうか。

マレーシア旅行アップ中ですが、ひとまず西安に切り替えてアップして
いこうと思います。

兵馬俑1号坑全景 クリックすると拡大します
兵馬俑1号坑全景

2010.07.22 / Top↑
明日より夏休み第一弾として、西安へ行ってまいります。

マイレージ利用の節約旅ですが、以前より行きたかった場所であり
今から兵馬俑を思い描き心躍っています。

マレーシア旅行記の途中ですが、帰国後にまた再開いたします。
2010.07.17 / Top↑
2010年3月28日 クアラルンプールは朝から快晴。

ホテルからの眺め
ホテルからのKL市内

今日は市内観光を中心に歩き回る予定だ。

KLセントラル駅からLRT(Light Railway Transit)という鉄道の
クラナ・ジャヤ線に乗り込む。
比較的きれいな電車であり、クーラーもよく効いている。
この路線は高架であり、車内から街を見渡せる。

尖塔は国立モスクのもの
LRTからの眺め

KLは新旧様々な建物が建っているが、緑が多く見た目も心地よい。
なかなか過ごしやすそうな街に見えた。

「マスジッド・ジャメ」という駅で降り、少し道に迷いながら、最初の目的地
マスジッド・ジャメに到着。

マスジッド・ジャメ入口

マレーシアはイスラム教国であり、モスクがところどころに見られる。
昨年トルコに行った際、モスクが非常に美しかったため、今回も楽しみにしていた。
しかし、入り口の門が閉まっている。

うーん、入れないのだろうか。
周囲には観光客らしき人は誰もいない。
今日は休み?でも、ガイドブックには無休と書いてるし・・・。

中にいるおじさんに「入れるの?」と聞くと、うなずいて門を開けてくれた。
そのまま行こうとすると、おじさんが呼びとめる。
スカーフがずらっと並んだ机に連れて行かれた。

「ああっ、参拝にはスカーフを頭に巻かなきゃならなかった。こうやってがめつく
お金を取られるんだな。自分で持ってこればよかった!」

と思い、しぶしぶ財布を開こうとしたら、おじさんは

無料

だという。

おじさんは、モスクを守る番人として、観光客がモスクで失礼な行動が無いように
マナーを教えているだけであり、帰りにスカーフを返すこと、モスクの中の階段には
上がらないように忠告するのみであり、一切お金は取らなかった。

自分のやましい心に恥ずかしく思いながら奥へ。

この階段は上がってはいけない
マスジッド・ジャメ外周

マスジッド・ジャメは、1900年初めに建てられたモスクとのことであり、白い壁が
美しい。周囲はヤシの木が生い茂っており、昨年みたトルコのモスクとは周囲の環境が
明らかに異なる。南国のイスラム教国の風景なんだろう。

ヤシの木がきれい

モスク周囲は非常に静かであり、鳥の声が聞こえる。
今は礼拝の時間ではないからか、人は誰もいない。

アーチが美しい
モスク内部

屋根もきれい

ヤシの木の中にあるモスクもいいもんだな、と感じた。
写真をたくさん撮った。
ついでにスカーフ巻き巻き姿の写真もおじさんに撮ってもらい、モスクを
後にした。
2010.07.12 / Top↑
クアラルンプール国際空港、略してKLIAは、とてもきれいな空港だった。
到着してそれほど迷うこともなく、スムースに入国できた。
しかし、今から思い返してみると、あらゆるところに日本語記載があったため、
それで楽だったのかもしれない。

KLIAから市内へは、KLIAエクスプレスという、これまたきれいな特急列車が走っている。
これは、KLセントラル駅までノンストップで行く便利な列車。
だいたい20分間隔くらいで動いており、28分ほどで到着するらしい。

ホームの自動販売機でチケットを購入。
ようやくクアラルンプール(略してKL)についた安堵からか、購入したチケット
を取り忘れ、駅員さんに呼びとめられた。
恥ずかしい・・・。


ちょうどやってきた列車に乗り込む。
列車の中はエアコンが効きすぎて寒いくらい。
中は清潔で心地よいが、強いて言えば椅子がちょっと硬いか。

21時過ぎにKLセントラル駅に到着。さすがに夜も遅いせいか、改札を出ると
大きな駅の構内は真っ暗。

今回の旅は、KLセントラル駅前のヒルトンホテルを予約していた。
駅前ではあるが、KLエクスプレスの改札出口とは反対側にあるため、ヒルトン
ホテルからはシャトルバスが待っているとのことであった。

表に出ると、確かに「Hilton Hotel」と書かれたバンが止まっている。
しかし、運転席には誰もいない。

しばらくそのバンの前で待っていたが、誰も来る気配はない。
同じエクスプレスでやってきた客はどんどんタクシーや出迎えの車でいなく
なってしまい、ほとんど人はいなくなってしまった。

ぽつんと立ち続けていたが、さすがに焦りも出てきて、タクシーカウンター
の所のスタッフに
「あそこに止まってるヒルトンホテルの車の運転手さんは、どこにいるか知ってる?」
と聞くと、その場にまさにその運転手さんがいて、慌てて出てきてくれた。

なんだ、いたんじゃない。


シャトルバスで5分ほど乗り、無事ホテルに着くことができた。

KLのホテルは、高級ホテルでも比較的安値で泊まれる、というのが売りであり、
いつもエコノミークラスホテル利用の私も調子に乗って、ヒルトンホテルを
選んでみた。

キングサイズベッドは他のホテルでもたまにあったが、今回はバスルームが素敵
だった。お風呂が気持ちいいと旅の質も向上する気がする。

キングサイズのベッド
ヒルトンのベッド
バスルームが素敵
ヒルトンのバスルーム
応接間からは夜景が
ヒルトンのソファ
ヒルトンの夜景

素敵な部屋に大満足で、バスルームにお湯を入れながらキングサイズベッドに倒れこんだ。
2010.07.11 / Top↑
頑張った(つもりの)自分へのご褒美としての旅行であるため、
贅沢な旅行にしたい。
コツコツ陸マイラーとしてため続けたANAのマイレージは10万マイル。
しかし、最寄の関空からの便は結構埋まってきていたため、
行きは中部セントレアからのシンガポール航空ビジネスクラスを押さえた。

2010年3月27日 11時発のシンガポール航空で出発。

離陸しほっと一息。
しかし、ビジネスクラスは初めての私。
どうしてよいかわからず、キョロキョロと挙動不審。

早速料理が運ばれてくる。搭乗時に洋食でお願いしていた。
万年エコノミーだった私には、食事前にテーブルクロスが敷かれること
にすら驚きであった。

まず運ばれてきたのは、マレー風焼き鳥である、サテー。

定番のサテー
サテー

陶器の器でレストランのように出てきた。
もちろん、東南アジア料理の好きな私には非常においしい一品。
食べ終わったタイミングを見計らって、CAさんが器を下げてくれる。
うーん、フランス料理屋のようだ。感動。
たまにはこんな贅沢な旅もいいもの。

その後、前菜が。
鴨胸肉の燻製 リンゴのコンポートとミックスサラダ添え らしい。

鴨胸肉の燻製 リンゴのコンポートとミックスサラダ添え

これも、高めのレストランでいただくようなお味。だいたい、機内食で
金属製のフォークとかナイフとか使ったのが初めてかもしれない。

メインは3種類から選べたが、私はパスタを注文。

シーフードリングイネにトマトハーブソースと供に

シーフードリングイネにトマトハーブソースと供に
機内でどうやってサーブしているのか想像できず。普通に厨房から運ばれてきた
かのようだった。
満足。結構満腹。

最後に

バナナアイスクリーム
グルメチーズと付け合わせ

アイスやらチーズやらたくさんいただき、どんだけ食べるねん、というほど食べ、
満足して食事を終えた。

食事が終わり、ほっと一息。
椅子の周囲を見渡すと、いろんなボタンがある。
確かここを触ると椅子が倒れる・・・??

ゴソゴソしている私を見かねて、隣のおじさんが椅子の調整の仕方、テレビモニターの
出し方を英語で教えてくれた。

40歳代かと思われるこのおじさん、話を聞くとマレーシアの方とのこと。
ペナン島のバトゥ・フェリンギというビーチのある町から日本の静岡にビジネスで
やってきた、とのことだった。
ふーん、と思って聞いていたが、バトゥ・フェリンギと言えば高級ビーチ。
もしかしたら、ホテルのオーナーとか、めちゃくちゃ金持ちのおっちゃんだったのかも
しれない。もっとつっこんだ話をしておけばよかった。惜しいことをした・・・。

椅子をフラットにして(フルフラットではないが)休みつつ、優雅な環境で
シンガポールへ到着。
乗り換えて夜にクアラルンプールへ到着した。

2010.07.11 / Top↑
2年前より修行も兼ね、かなり忙しい病院へ転勤した。
非常に勉強になった。苦手だった専門外の科の診療も必死で勉強した。
良い仲間もできた。

しかし、疲弊しギスギスしてきた自分に気づき、転勤を申し出、今年の
3月末に病院を変わることになった。微妙に転勤先も忙しいところに
なってしまったのだが、転勤は自分にとっても周りにとっても良かったはず。

転勤前に土日も入れ5日間休みが取れた。
担当患者もいない、完全フリーな5日間。

そりゃ、海外でしょう!

ということで、急遽貯めていたマイレージを元に旅先を検索。
南国マレーシアクアラルンプールへ行くことにした。

シンガポール航空
2010.07.11 / Top↑
ロシア旅行の途中から、更新できなくなり早1年。
ロシアに出かけた2008年9月から、更に2回海外旅行へ出かけているものの、
更新する余裕が無くブログも見ていませんでした・・・。

しかし、この夏は行きたかった2か所へ行くことが可能となり、テンション
はやや上向き。

とりあえず、来週日曜からマイレージを利用し西安へ行ってまいります。
2010.07.11 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。