上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
そんなわけで、現在ロシア語に挑戦中。

私のiPodには、新たに「今すぐ話せる ロシア語 入門編」というCDがインポートされた。
(もちろん今すぐ話せるわけはないが)

日本人観光客「ゆう子さん」とロシア人男性「ヴァロージャ」が、”こんにちは”から会話をスタートする。
ややテンション高めで、まあまあ気に入って聞いている。

今は「ごめんなさい(イズヴィニーチェ)」と道が混んでて遅れたゆう子さんが、ヴァロージャにロシア語で謝るレッスンを聞いている。
難しくて、なかなかレッスンは進んでいかない。


ところで私のiPodには、最近気に入ってよく聞いている「Monkey Majik」などのジャパニーズ(?)ポップ系の歌のほか、去年通っていた英会話学校のCD、去年よく行った中国の会話集がすでに入っている。

さらに、医者のたしなみとして、「聴診トレーニング呼吸音編」という、ひたすら聴診器から聞こえる呼吸音を収録したCDもインポート済みだ。

ちなみに、このCD、どんなものかというと、
「気管支喘息例の高音性連続音(ヒューヒュー)」
「心不全例の細かい断続音」
など、そんな細かく聞き分けたことないような呼吸音が詰まっている。

なんか聞いてて暗くなることが多いので、気が向いたときに聞くようにしている。


iPodには「シャッフル機能」という、インポートされた曲をランダムに再生する機能がついている。これを使うと、

喘息の呼吸音の後に、ロシア語のハイテンション会話、モンキーマジックのバラード

というセンスの悪い選曲を平気でしてくる。

最初は「うわー、気色悪い」と思ったものの、最近はなかなか気に入ってきて、iPodからの挑戦に対抗している。
あと1か月、ロシア語にどこまで抵抗できるか・・・ちょっと楽しみ。
スポンサーサイト
2008.08.17 / Top↑
この春から職場が変わり、かなり忙しい追い詰められた日々が続いている。

しかし、そんな環境だけど、やっぱり

夏休みには旅に出たい

意外と夏休みは申し出ればちゃんともらえるらしく、9月の第4週に無事ゲットできた。

今年は兼ねてから何度も行こうとしては行けなくなっていた、憧れの土地、

ロシア

に行ってこようと思う。

私は6年前になんかのきっかけで、モスクワの赤の広場にある「聖ワシーリー寺院」の写真を目にした。
ものすごく幻想的で、ヨーロッパなどによく見られる寺院とは全くかけ離れた、色づかいのポップな常識はずれのデザインに驚いたのを覚えている。

1560年にイヴァン4世(雷帝)が造らせた寺院らしいが、

「これほど美しい聖堂を、二度と造れないように」

と、これを設計した建築家の目を潰してしまった!!!
という残酷なエピソードまである。

それほどの美しい聖堂、なんとしても一度この目で確認してみたいと思っていた。


ロシア旅行は、ビザがいるほかに、バウチャーという旅行日程・滞在都市・宿泊先・移動手段などをあらかじめ決めて記載した旅行手配証明書が必要となる。
旅行会社を通さないと、ロシア旅行は非常にやっかいだ。

日本から添乗員さんが案内してくれる旅行はなかなか出発日が合わないため、ロシア旅行専門会社でモスクワサンクトペテルブルグのフリープランツアーを申し込み、現在航空券の手配中である。どうせなら、二都市間は有名な夜行列車にも乗って移動してみたい。

また航空券が手に入り、詳細が決定したら報告します。

2008.08.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。