上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回ラサでお世話になったホテル。

西蔵賓館

ポタラ宮からは「北京中路」という大通り沿いに車で10分程度という、比較的便利な場所にある3つ星ホテル。今地図を見て気づいたが、ノルブリンカの近くらしい。
敷地内には、大通りに向かった「主楼」と奥にある「貴賓楼」と2つ建物があり、私が宿泊したのは貴賓楼の方だった。

清潔感のあるきれいなホテル
西蔵賓館


ホテルロビーのシャンデリア
ホテルロビー



主楼がメインと思われるが、見てないのでわかりません。

部屋のカギはカードタイプで、室内はなかなかきれい。

室内


洗面・バスルームもごくごく普通で、お湯もちゃんと出た。ドライヤーもあり。
エアコンも効いて(でも朝は寒いからあまり使ってないけど)、まずまずの設備だった。

湯沸しポットの説明は、日本人観光客のために日本語記載まであるという親切さ。

ポットの説明


でも、読むと余計にわからなくなった。
誰か注意しないと・・・。

ベッドは固めで寝心地よし。でも、旅行中は(というか、普段も)一瞬で眠りにつける体質なので、寝心地に関してはよっぽどひどいところでない限りあまり気にならない。
同行した父も私と同じく一瞬で眠りに着くので、不満は全く聞かれなかった。

備え付けのテレビでは日本の放送は見られなかったが、中国の放送は各地域のものが見られた。
初日にテレビをつけたら、ニュースで飛行機が炎上していた。どこの国かと思って見ていたら、日本の沖縄の空港だったのでぞーっとした。


フロントのお姉さんは、英語はあまり得意ではない感じだったが、とても親切に接してくれた。
旅行中、ホテル内で帽子を落としたり、カードキーの磁気が抜けたり(携帯のせいっぽい)、色々困ったことがあったが、うまく対応してくれた。
インターネットはフロント右横にある「ビジネスセンター」で利用可能。6畳程度の誰もいない寂しい部屋だったけど、のびのび使えてよかった。10元/時。日本語サイトは日本語で読めるが、書き込みは中国語か英語のみ。


朝食は1階のレストランバイキング。

朝のレストラン


朝食は、中華料理がメイン。脂っこくて・・・実はあんまりおいしくなかった。
このチベットの旅、あまり食事には恵まれず、私はどんどんやせていった・・・。帰国後もしばらく食欲がなく困った。


なかなか居心地のいいホテルだったけど、今のこのチベット騒動では一体どうなっているのか・・・。ホテルのスタッフは漢民族だろうけど、ラサで大変な思いをしているのではないかと心配です。

貴賓楼の横にはひまわりが咲いていた
貴賓楼のひまわり
スポンサーサイト
2008.03.23 / Top↑
旅の最終地 西寧の有名な観光スポットへ、車で向かう。
西寧から高速道路での快適なドライブ約1時間で、湟中というところにある

塔尓(タール)寺

山の斜面一体に広がる大きな寺院
タール寺


寺の門をくぐると、すぐに見えたのは病院。
病院
寺の病院


かつて4000人以上の僧侶がいたという、巨大なお寺。
今も500人以上ここで修行しているとのことであり、きっと病院も必要なんだろう。
海外の病院が気になって、写真を撮ってしまった。
チベット様式の建物なのか、独特の外観できれい。


中にはたくさんの建物が存在し、それぞれの門をくぐると写真撮影は厳禁となる。

小金瓦殿の入り口 赤い袈裟の人は修行僧
小金瓦殿


さすがに有名な寺なだけあって、中国人団体客でごった返していた。
よって、門の前で順番待ち。
ちなみにもぎりのお兄ちゃんは修行僧。

順番が来て門をくぐると、中は広い中庭を構えた建物があり、その回廊には牛とか動物の?製(?)が飾られていた。
護法神殿とかいうものらしい。
正直グロテスクで怖い。


寺の中心部、大経堂というところへ行くと、入り口をお坊さんが仕切っていた。

大経堂の門


ここで、お金(すごく小額だったと思う)を払うと、首に赤い紐をかけてくれた。
このお金は寺の修復に使われるらしい。

寺の中は、チベットでよく見た黄金の仏像たちがまたずらり・・・。

マニ車も木製で古い!
古い寺

古い境内



この寺で一番有名なのは、

バター彫刻

である。
写真はもちろん厳禁。それゆえに期待が高まった。

ちょうど動物園の爬虫類コーナー(室内がやや暗めなので)みたいに、ひとつの大きなガラスケースの中に巨大なバター彫刻があった。
カラフルに色づけされた、細部までものすごくこだわった彫刻に圧倒された。テーマはあんまりよくわからなかったが、たくさんの人や花が彫りこまれていた。

バター彫刻は冬の寒い時期に彫刻家が作るそうだ。
バターは手の温度ですら溶けてしまうため、冬には氷点下になるこの時期に、更に冷水に手をつけて氷のような手にしてから作業に取り掛かるらしい。

昔は夏になると溶けてしまったが、現在は冷房により夏でも観賞できる。
しかし、よく見るとところどころ、溶けたせいか衝撃のせいか、もげて下に落ちている箇所もあった。

これは必見です。


タール寺、非常に素晴らしかったが、青蔵鉄道の旅の直後はやはり疲れた・・・。

寺の入り口にある如来八塔 仏の八大功徳を表している(ガイドさんが説明してくれが忘れてしまった)
如来八塔


2008.03.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。